春のお散歩に最適!第33回 全国都市緑化よこはまフェア


全国都市緑化よこはまフェア

有名な横浜スポットを散策しながらたくさんの花々が見れるみなとガーデン!

全国都市緑化よこはまフェアという祭典をご存知ですか?私は今年初めて知ったのですがこの前みなとみらいに遊びに行ったときにたくさんの花が植えられていてなんとも美しい街並みになっていました!この祭典は1983年(昭和58年)から毎年全国各地で開かれている花と緑の祭典だそうです。

よこはまフェアのテーマは「歴史と未来の横浜・花と緑の物語」です。これまで横浜が培ってきた歴史と文化、横浜緑アップ計画をはじめとする花と緑の取り組みにさらに磨きをかけ、国内や世界中から訪れる人々をおもてなしします。

期間は3月25日~6月4日まで!

2017年3月25日~6月4日までの72日間花や緑が「ネックレス」のようにまち、人、時をつなぎ、美しい横浜を表現します。

お花によって見ごろが違います。サクラ(3月下旬~4月中旬)、チューリップ(3月下旬~4月下旬)、その他球根類(3月下旬~4月中旬)、バラ(5月上旬~6月上旬)、ワイルドフラワー(4月上旬~5月下旬)となっています。

みなとガーデンメイン会場の紹介

会場コンセプトは「歴史と未来の横浜」です。

☆グランモール公園
☆運河パーク、新港中央広場(見頃:3月下旬~4月下旬)
☆象の鼻パーク
☆横浜公園(時期:3月下旬~4月中旬)
☆日本大通り(3月下旬~春の饗宴、5月上旬~バラの競演)
☆山下公園(見頃:5月上旬~6月上旬)
☆港の見える丘公園

運河パーク、新港中央広場、赤レンガ倉庫に行ってきました!

私が行ったのはこの3つの会場です。4月中旬だったのでチューリップがとてもきれいで可愛い庭園が広がっていました。合計30万ものチューリップが街を彩るそうですが時間とともに花の色が変わる「ラバーズタウン」が見られるのは横浜だけだそうです!

では素敵なお花たちをご覧ください♡

赤いチューリップがなんとも赤レンガとマッチしていてとても素敵!

広々した庭園なので小さな子が走り回ったりしても安心です。娘もベビーカーから降りはしゃいでいました!お花を触ったり匂いをかいだり話しかけたり(笑)

どこで写真を撮っても絵になるのでお子さんとのお出かけにオススメですよ。お散歩も気持ちよくできます!

お花の種類が記されています。

オシャレで可愛いです!なんか不思議の国のアリスを思い出しました!色々な場所で可愛い~という声が聞こえてきました。

赤レンガ倉庫です!入口はこんな感じです。

ここまで作り上げるのに相当時間をかけたんだろうなぁと感じました。製作者の努力が分かります。

 

いたるところにいるこのキャラクターの名前はガーデンベアだそうです。頭のお花が可愛いですね!娘も気に入っていました。

グリーンの体に満開の「天然」花アフロヘアーが自慢の元気いっぱいなクマさん。英語のBEARにはクマのほかに「花をつける、実を結ぶ」という意味があり、ガーデンベアは緑化を推進するよこはまフェアのシンボルキャラクターにぴったりですね。

赤レンガ倉庫の1階にグッズが売られていましたよ!

お天気の良い日に子供と出かけてみよう!

1日でまわるのはちょっと大変なのでお天気の良い日に何回かに分けてお散歩しに行きたいと思いました。季節によりお花の見ごろが違うのでその時に見ごろをむかえているお花を見に行きたいです。

子供にもキレイな景色を見せてあげ色とりどりのお花に興味を持ってもらったら嬉しいですよね!

最近色を言うのが娘の中で流行っているので「あか、あお・・・」と指さして言っていました。まだ赤と青しか言えないので繰り返しその色だけ言っています(笑)

実際にお花を見て色が覚えられるようになったらいいなぁ。

また晴れた日に今度は山下公園の方にお花を見に出かけたいと思います!

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)