雨の日にIKEAはどうでしょうか?子供が喜ぶ3つのポイント!


子供と行くIKEA

小さな子供が喜ぶ場所ってテーマパークばかりではないんです。
特に雨の日に人混みのテーマパークへ行くより、IKEAに行った方がよっぽど子供は喜ぶんですよね。

今回は雨の日に行ったIKEAについてまとめてみました。

雨の日のお出かけにこまったらIKEA!

雨の日…子供をどこへ連れて行こうかなぁ…と迷っている親御さんは多いと思います。
私たちも雨の日はいつも悩みます。

そんな時にオススメしたいのが、IKEAなんです。

IKEAって結局大人が買い物をする場所だから、子供は楽しめないでしょ~と思う方も多いかもしれませんが、実は子供も楽しめる場所なんですよね。

早速、IKEAに行くと子供が喜ぶ3つのポイント

それではさっそく子供が喜ぶポイントについてまとめていきますね。

広い敷地なので、子供は大はしゃぎ!

IKEAは比較的に都市から少し離れた場所にあるので、敷地がすごく広いんです。
私達は東京の立川にあるIKEAによく行くのですが、東京なのに広い敷地!これはうれしいですよね。

そして、やはり外資系の企業だからか、全体的に余裕を持った作りになっています。
子供が少しぐらいはしゃいでも大丈夫なんですよね。

私にも2歳の娘がいるのでわかりますが、小さな子供はすぐに「ぎゃー」と泣いてしまうので、遊びに連れて行くにもちょっとだけ人目を気にしてしまいます。
でも、IKEAには小さい子供が沢山いるので、多少の事は気になりません。
※基本的にガヤガヤしているので、静かな場所が好きな人には向きませんが…。

そして、子供が遊べるコーナーなどもすごく多く設置されているので、私の娘はIKEAが大好きなんです。

おもちゃ売り場が多いので子供は大喜び!

IKEAのおもちゃ売り場
IKEAに行くとわかりますが、おもちゃ売り場が非常に大きい事がわかると思います。
ぬいぐるみから木のおもちゃ、子供が好きそうなカラフルなデザインのおもちゃが山積みされています。

これを見て子供が喜ばないわけがありませんよね。

アイスクリームで最後に大喜び!

IKEAのアイスクリーム
お会計を済ませると、最後にアイスクリームを買える場所があります。
やっぱり子供ってアイスクリームが大好きなんです。

IKEAはスタートからゴール(お会計)まではかなり距離があるので、子供がちょっと疲れてしまう事もあるのですが、「最後にアイスクリームが食べられるよ」という魔法の一言で、子供は完全復活します。

しかも、アイスクリームは50円!うれしいですよね~

雨の日のIKEAで大人がうれしいポイント

雨の日のIKEAは子供ばかりがうれしいわけではありません。大人だって楽しいんです。

雨の日でも駐車場は余裕で停められるので大丈夫!

車を運転するパパさんならわかると思うのですが、駐車場に車が停められるか?というのは大きな問題ですよね?
そこは心配しなくても大丈夫です。

(東京立川の)IKEAは駐車場もとっても大きいんです。
今まで土日に何度も行きましたが、駐車場に停める際は結構すんなりいけます。

もちろん、絶対屋上は嫌だという人は少しぐるぐる回らないといけないですが、屋上でもOKって思う方はすぐに駐車できます。
私達はいつも迷わず屋上に駐車します。

ついでに買い物ができるのでうれしい!

どちらがついでなのかはわかりませんが、買い物ができるのはうれしいですよね。

私達は普段なかなか買えないものをIKEAでまとめて買ったりしています。電池や電球などの細かいものから、棚やキッチン用品など、なんでも揃ってしまいます。
しかも、IKEAは安い!それがとっても魅力的なんです。

IKEAから家に帰って来ても楽しみはある!

IKEAの製品は基本的に自分で組み立てる系のモノが多いんです。棚とか椅子とか、机とか…そういうものは自分達で組み立てます。

「ちょっと面倒だなぁ…」「休みの日は休ませてくれ…」

って思っているパパさんはいませんか?ここがパパさんのアピールの場なんですよ!

子供の前でぱぱっと家具を組み立てるパパを見せて、子供に尊敬されちゃおうではありませんか。子供は絶対に喜びますよ!

IKEAには電動ドライバーセットが5000円くらいで売っているので、それを購入してしまえば組み立ても結構らくちんです。小さな棚なんて、5~10分くらいで組み立てられるものなんです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

雨の日、駐車もすんなりできて、子供も大人も楽しめる。そして「できるパパ」を子供にアピールできるIKEAって素晴らしいと思いませんか?
私達は雨の日に出かける場所で困ったらIKEAに行っています。

ただ、IKEAは本当に広くて人も多いです。パパもママも子供もすごく疲れるので注意してくださいね。


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)