小さな子供と行くハワイ特集![ホテル編]


モアナサーフライダー
(出典:http://jp.moana-surfrider.com/)

モアナサーフライダーに宿泊

ホテルの外観や場所文句なし!

私たちが宿泊したホテルはモアナサーフライダー(MOANA SURFRIDER)。場所はワイキキビーチすぐそばで住所が2365Kalakaua Avenue、Honolulu、HI96815になります。

ビーチが隣なので、部屋から波の音が聞こえてとても優雅な気持ちが味わえますよ。

なんといっても私はホテルの外観が大好きです!高級感があり1901年に創業した「ワイキキの貴婦人」はワイキキ最古のホテルとして伝統あるホテルです。

ちょうどChristmasシーズンだったので内装や外装もChristmas仕様

ハワイに行ったのはクリスマスの時だったので大きなツリーやリースが飾られていました。やはり外国の雰囲気ある飾りつけで見ていてテンションが上がりました!他のホテルもショップも必ずといっていいほどリースをしていて日本とはまた少し違うクリスマスを味わうことができました。

モアナサーフライダーの外観

外観はこんな感じです!

ハワイといったら青い海!なんと目の前がワイキキビーチなので、ついてすぐハワイの景色を眺められます。長時間の飛行機頑張ってよかった~と思える瞬間でした。娘も時差があり眠いはずなのにテンションが上がって走り回っていました。

モアナサーフライダーの外観とビーチ

プールは子供用の浅いプールはなかったので利用しませんでした。

ビーチとプールに続く中庭がまた素敵なんです!大きくとても幹の太いバニヤンツリーがあります。とても存在感があり涼しげです。

日本人スタッフが常時待機。何かと安心。

日本語が話せるスタッフや日本人がいるので、何か困った事があっても安心です。実はハワイ時間の午前中に到着したのですが、父の風邪が完全に治りきっておらず具合が悪くなってしまったんです。私も飛行機であまり眠れず元気すぎる娘のお世話で疲れたのか少し気持ち悪くなってしまいました。

そこで無理も承知で日本人スタッフの方に事情を説明して、「少しでも早くチェックインできませんか?」とお聞きしたら、丁寧に対応してくださって、なんと早くお部屋に入る事ができて体を休める事ができました。

「お掃除が終わるまで医務室でお休みになりますか?」と声をかけてくださったり、本当に対応が素晴らしかったです。きっと英語しか話せないスタッフしかいなかったらうまく伝えられないし、我慢していた事でしょう。少し横になったら夕方には回復して夕食を食べることができました。

お部屋はどんな感じ?

モアナのベッドはとても寝心地がよくその理由はホテル独自に開発した「ヘブンリーベッド」。雲の上の寝心地のベッドを意味しています。娘がいるのでベビーガドードをつけてもらいました。

広いベッドなので娘の寝相の悪さでも大丈夫でした(笑)

ベッドは結構な高さがあるのでベビーガードをつける事をお勧めします。バルコニーにはテーブルとイスがあり朝焼けや夕焼けを座って眺める事ができます。

ホテル周辺の雰囲気は?お店は充実してるか

近くにコンビニはあるのか?飲食店やお買い物できるお店はあるのか?これも心配無用です!

賑やかで歩いて行ける距離にお店がたくさん!困りません!

ホテルは大通りに面しているので夜遅くまでずーっと賑やかです。海外は夜1人で出歩くと危険なイメージですがここならちょっとそこまでなら1人でも全然平気でした。日本人も多いし明るいし!でも大通りだけで暗く細い道には1人で決して行ってはダメですよ。

徒歩圏内にABCマート、ロイヤルハワイアンセンター、DFショップなど飲食店もありお買い物にも便利です。UGGも近くにあります。ハワイで買うと本当にお安いですよね!お店は日本人しかいないんじゃないかってぐらい日本人だらけでした。

最後に・・モアナで1番良かったと思う事

私はこの点が子連れハワイには嬉しいポイントでした。

ラウンジが利用できいつでも休憩できる。ペットボトルのお水も貰い放題!

一部の人のみですがラウンジを利用する事ができます。朝食・昼食・夕食と軽いご飯が用意されビールやワインやソフトドリンクが飲み放題。おかげであまり食事代はかかりませんでした。

ポップコーンやポテトチップスも置かれていてお菓子も食べ放題でした。比較的に空いているので、娘も走り回ったり大きな声ではしゃいでいました。床に落ちたポップコーン目当てに鳥がつつきに来るんですが「チュンチュンだー!」と言いながら追いかけまわしていました(笑)

それとペットボトルのお水が常時冷やされており、何本でも持って行っていいんです。またそのおかげで飲料水代も全くかかりませんでした。買い物やビーチで疲れたらラウンジで休憩・・小さい子と一緒だと休憩必須なのでのんびりとできました。

小さな子供と行くハワイ特集![観光編]
小さな子供と行くハワイ特集!「飛行機編1」


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)