部屋にある一番のお気に入りは、こだわって選んだベッド


ベッド

人生の中で多くの割合を占める時間、それは睡眠です。単純計算で一日8時間の睡眠とすると人生の3分の1は寝ていることになるのです。そんな多くの時間を占める睡眠だからこそ質の良い眠りにつきたいですよね。

今回は「部屋にある一番のお気に入りは、こだわって選んだベッド」という方にインタビューしました。

最初にざっくり説明すると…。

  • 47歳女性
  • 質の良い睡眠をとるために
  • こだわったベッド

質の良い睡眠がとるためにベッド選びはこだわった

私の部屋にはいくつかの家具や小物があるのですが、その中で一番のお気に入りは何かと言われた場合、私はベッドと答えます。私は47歳の女性で、家業手伝いをしています。

自分の部屋では、主にリラックスしたり睡眠をとったりするための時間を過ごしています。そういった時間を快適に過ごすためには、自分自身がこだわった家具が必要だと私は考えています。

しっかりと睡眠をとって、次の日の仕事に集中する

特に、睡眠をとる時間は非常に重要です。しっかりと質の良い睡眠がとれますと、健康にも非常に良いですし、次の日にきちんと仕事に集中できます。

そのために、私はベッド選びにこだわり、自分に合ったベッド選びをしました。

天然木製のベッドは自然の癒しがあり精神的にリラックスできる

まず私は家具を選ぶ場合、天然木でできた物を選ぶようにしています。
家具の素材にもさまざまなものがありますが、金属やプラスチックでできた物は、どうしても安らぎが得られないような気がするからです。

天然木でできたものは、自然の癒しがあり、精神的にもとてもリラックスできる感じがします。タンスや机等も天然木を選ぶようにしているのですが、特にベッドは絶対に天然木でできた物にしました。

睡眠をとるという最も安らぎを得なければならない時間に使う物は、絶対に天然木製の物でなければならないと思ったからです。

ベッドの色は一番癒されるように感じられるものに

また、その色にもこだわりました。
ベッドの色にもいくつかのものがあり、濃いめの茶色などもありますが、薄いベージュのようなナチュラル系の色が一番癒されるように感じられましたので、そのような色の物を選びました。

スプリング式ではなく布団が敷けるタイプ

また、スプリング式のベッドは私の体に合っていないと思いましたので、布団が敷けるタイプのすのこベッドにしました。

すのこになっていますと、布団の湿気も出ていきますから、非常に衛生的だということもあります。

天然木のベッドで小物も工夫して質の良い睡眠時間へと

さらに、寝具の色にもこだわりました。ゆっくり休めるように、パステルカラー系のシーツや枕カバー、掛け布団カバーを選び、特に私が好きなピンク系やグリーン系の色の物を使うようにしています。

そして、シーツや布団カバーは綿100パーセントに近いものを選び、健康面にも配慮しました。以上のようにベッドの上に置いて使う物も、天然木の癒し系のベッドに合うような物を選ぶようにしています。

宮台が付いていると物が置けるので便利

またベッドには宮台が付いていた方が、目覚まし時計やテイッシュペーパーの箱等を置くことができるので便利だと考え、宮台付きの物を選びました。このように天然木のベッドでゆっくり睡眠がとれるように、小物等も工夫して、質の良い睡眠時間となるようにしています。

以上のように快適な睡眠をとることができる天然木製のベッドが、私の部屋にある一番お気に入りの物になっています。


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)