外に出れない雪の日の過ごし方!わんぱくな子供たちをどう静めるか!?


雪だるま

雪の日のお出かけは危険!室内でどう過ごす?

毎年関東でも雪は降りますよね。私は雪国出身・雪国育ちでもないでの雪が降ると単純に嬉しいですが、子供が産まれてからは外に行けないので困ります・・・。

買い物しないと夕飯ピンチ!って時はネットスーパーか宅配を頼めばどうにかなりますが、小さな子供の元気いっぱいな「お出かけしたい気持ち」はどうにもなりません!そこで、雪の日でも室内で楽しめる遊びを調べてみました。

歩きだした子はとにかく歩きたい!室内で体を動かす遊びとは?

車があれば支援センターや実家がすぐに行ける距離なら問題ありませんが、最近は車を所有しないご家庭も多いと思います。どうしても外出が厳しい時は自宅で1日ひきこもることになりますよね。

ハイハイを卒業して歩き出すと、子供は家の中をずっと歩いて冒険に出かけたりします(笑)

今までとは違う景色を自分の足で見に行くことがおもしろいんだと思います。そんな歩き盛りの子はお天気の良い日は公園やお散歩などに行けますが、雨の日はまだ傘もさせないし、滑って転ぶ危険もありますので外出は厳しいです。

録画したテレビを見て一緒に踊ったり歌ったり・・・

室内で過ごす遊びはこんなものがあります。「おかあさんといっしょ」や「いないいないばぁ」を録画して何度も見せてお母さんも一緒に踊ったり歌ったり!お母さんは大変ですが子供は結構喜びますよ。

あとは室内用の滑り台を買ってしまうとか!お手頃な値段で小さな滑り台は売っているので我が家のわんぱく娘にも買おうか検討しています。お友達が来ても遊べますし、子供も室内でも体を動かせるので喜びそうですよね。

少し大きいお子さんなら折り紙も楽しめますよ。ネットで折り方を検索して子供と折ると、意外とお母さんがハマってしまうってこともあるんですよね。ハロウィンやクリスマスなど季節に応じて、折り紙で作品を作ってみるのもお勧めです。あとは王道でお絵かきや塗りえやおままごとといったところでしょうか。

外で雪に触れるのも大事!

雪で遊ぶ

雪が降っているときは風邪をひいてしまう可能性があるのでオススメできませんが、雪が止んでべちょべちょな状態でなければ子供に雪を感じさせましょう。

少しの間ならお外で雪遊び

30分だけ!と決めて思い切って外に出てみるのも良いかもしれません。お庭やお家近辺ならすぐに暖かい家に帰れるので好都合ですよね。雪に触れて「冷たい」や「柔らかい」といった感覚を感じるのは脳にとっても良いことだそうです。遊んでいるときはお母さんも「真っ白だね」「歩くと音が鳴るね」などと言いながら子供に脳の刺激をたくさん受けさせましょう!

雪だるまを一緒に作ったり白い玉をたくさん作ってお団子やさんをやったり。ソリなどがあれば子供を乗せて少しスイスイ~と滑らせたり歩いて動かして滑らせたり。子供は笑顔になること間違いなしです!

遊ぶ時は防寒対策はバッチリと

ダウンコートに帽子、手袋、マフラー、雪に強いブーツ、短時間の遊びであればこの程度で大丈夫だと思います!コートの中身は厚着させてズボンも厚手のものが良いですね。肌着ですが綿100%のものではなくユニクロのヒートテックがオススメです。

綿100%は吸水性に優れているので汗をよく吸い取ります。雪遊びは汗をかきやすかったりするので、寒い冬にはその後に水分が冷えて体温を奪ってしまいます。風邪をひく原因になるかもしれません。ヒートテックは化学繊維でできているので、汗などの水分を吸収しながらも保温性があるんですよ。

お家に戻ったら温かい飲み物で体を温めよう

お部屋に戻って、もし服が塗れていたらすぐに着替えさせましょう。そのあとはほっと一息温かいホットミルクや飲み物で子供の体を暖めてあげましょう!

大人にとって少し憂鬱な雪でも、子供と一緒に楽しめたら良いですよね。滑って転倒など危険なこともありますので、よく注意しながら遊んでくださいね!

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)