子供の叱りすぎには注意が必要!人格否定は特に注意しなければいけないんです。


叱りすぎに注意

子供のしつけって本当に難しいんですよね。怒りすぎてもいけないし、怒らないときいてくれないし…。ママがイライラしてしまうのはよくわかります。

人格否定をするような怒り方をしてはいけない!それはわかっているのに…と悩んでいるママさんの体験談です。

5歳の女児と1歳の男児のママ

私は35歳の専業主婦の女性です。子どもは5歳の女児と1歳の男児です。1歳の男児は1歳になりたてなので、まだまだ叱ってもわからないという年頃で、「だめよ」など言うことはあっても、本気で叱るというところまではいきません。

私が叱る相手としては5歳になったばかりの幼稚園児の娘なのですが、叱り方もなかなか難しいなと思います。

余裕がなくてイライラする日々…いけないとわかっているのに

娘が3歳頃まではまだまだわからない年齢ということで流せることが多かったのですが、4歳ぐらいになってからはある程度理解もできているのにやってしまうという状況で、下の子を出産するということがあって、私もイライラする機会が増えてきました。

「○○しなさい!」「○○って言っているでしょ!」などちょっとしたことでも、私の方の余裕のなさでイライラしてしまっていることを、娘にぶつけているようなことがあるなと思うことはありました。

娘がストレスを溜めてしまった。繊細の娘を理解しないと…

娘の方がストレスを溜めてしまい、寝言で怒っていたり、どもりが出た時には、このままではいけないなと思いました。

娘は人見知りだったり、警戒心も強くて、家ではのびのびといたずらもするのですが、同年齢の子と比べたらかなり繊細な部分もあったのだと思います。

基本的な事ができない娘にイライラしてしまう

叱りすぎていることを反省して、叱る時にはこれは娘を叱る場面なのか、私がイライラしていたり、こうしてほしいという希望がかなわないから叱って変えたいと思っているのかどうなのかということを考えるようになりました。

例えば娘は人見知りなのか幼稚園にはなじんできましたが、1学期間を過ぎても園の門の前に立って挨拶をしてくれる園長先生に挨拶を返さないことがあります。「おはよう」と声をかけてくださり、「おはよう」と返すだけなのですが、言わないことが多く、挨拶は基本なのになんでしないのか?という気持ちでイライラしてしまいます。

怒るのではなく、諭すことが重要なんですよね

そんな時に「挨拶しなさいよ」とは言いますし、家に帰ってからも「挨拶は大事だし、言っている方も返事がなかったら悲しくなるでしょ。今度は言おう」などいることはあるのですが、「何で言わないの!挨拶をするのは当たり前でしょ!そんなことできないんだったら、幼稚園に行かないよ!」などとは叱りつけないようにしています。

娘の中でほんとは言いたいという気持ちがあることもわかっていて、けれども言えないというもどかしさを感じているからです。

そういった気持ちを尊重して、娘が自分はダメだと思わないように気をつけています。今はできないけれども、またできるようになると思えるように支えていけたらと思っています。

「バカじゃないの!」とかも傷つける言葉なので言わないようにしていますし、「○○したらダメでしょ!」と強めに叱ることはあっても、○○していることはダメだけれども、娘の全てがダメなのではないと思わせるようにと考えています。

口調も重要!強い口調ではなく、やさしい口調を心がける

また片づけをしていない、幼稚園の準備をしていないなどこちらが待つ場面でも、最初から「○○しなさいよ!」と頭ごなしに叱るのではなく、最初は「○○して」と強くない口調で言うようにして、できなかったら叱るという風にしています。

最初に言うことで行動できるのであれば、叱る必要がないのかなと思いますし、今は2回目ぐらいで叱っている時もありますが、できたら2回は待って3回目に叱るという風にしたいなと思っています。

人格否定、叱りすぎに注意していかないといけない

私の母はかなり厳しく、怒鳴るという言い方ではなかったのですが、何をしても「○○ができていない。○○なところがちょっと」という感じの反応で、良いことをしていても悪い部分を言われるみたいなところがありました。

否定され続けていた感じで、当時は小学生とかだったので私が悪いのかなと思っていたのですが、今になってから振り返ると否定され続けていて、私が悪くなかった部分もたくさんあるとわかりました。

私は自己否定がかなり強い大人になってしまい、今それを改善しようとしているのですが、娘がそうならないように人格否定、叱りすぎに注意をしていきたいと思っています。


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)