1歳からの予防接種一覧!(2017年3月現在)


子供の予防接種

1歳からは0歳ほど予防接種は多くありませんがきちんとこなしましょう!

0歳児ほどスケジュールは忙しくありませんが、逆に忘れがちになってしまうという落とし穴があります。1歳の誕生日がきたらすぐ打った方がいい予防接種もありますので参考にしてみてくださいね。

前回の記事

1歳の予防接種

定期接種

①MR 麻しん風疹混合1回目(MRとは麻疹(measles)のM、風疹(rubella)のRを取りMRワクチン。麻しんとは発熱・発疹などが見られ最悪死亡してしまう肺炎を引き起こす病気。風疹とは発疹と発熱でもし妊婦に罹ると先天性風疹症候群を引き起こす。3日はしかともいわれる。生ワクチン。)

②水疱瘡1回目(発熱を伴うこともあり全身に水ぶくれのような発疹が広がります。稀に100万人に20人くらいの確率で重症化し、最悪死亡してしまう可能性のある病気。生ワクチン。)

任意接種

①おたふくかぜ1回目(「流行性耳下腺炎」ともいわれます。耳下腺が腫れ、おたふく面のようになるので、おたふく風邪といわれています。風邪のような咳、鼻水、発熱を伴います。生ワクチン。5千円~7千円。)

1歳1か月の予防接種

定期接種

①ヒブ4回目(全4回で終了。)

②小児用肺炎球菌4回目(全4回目で終了。)

③四種混合4回目(全4回目で終了。)

1歳3か月の予防接種

定期接種

①水疱瘡2回目(全2回で終了。)

3歳の予防接種

定期接種

①日本脳炎1回目(高熱が数日続き、頭痛・吐き気・嘔吐・めまいなどが見られ、脳炎を起こすと光に過剰に反応する光線過敏、筋肉が固くなる筋強直、勝手に手足が動く不随意運動、手足の震えである振戦、上肢に多い麻痺、子どもで多いけいれんなど引き起こす病気。重篤な後遺症を残しやすい日本脳炎。不活化ワクチン。)

3歳1か月の予防接種

定期接種

①日本脳炎2回目

4歳1か月の予防接種

定期接種

①日本脳炎3回目

6歳の予防接種

定期接種

①MR2回目(全2回で終了。)

任意接種

①おたふくかぜ2回目(全2回で終了。)

9歳の予防接種

定期接種

①日本脳炎4回目(全4回で終了。)

1歳の予防接種は間隔が空いてしまうので注意が必要

1歳からの予防接種の主なスケジュールはこのようになっています。間隔がだいぶ空いてしまうので忘れないようにしたいですね!ちなみに娘(2歳前)におたふくかぜを受けさせようと思い小児科に聞いたところ「保育園などに行ってなければ今すぐ打つ必要はありません。副反応が強く出る注射なので3歳過ぎから打つ事をお勧めします。」と言われました。

小児科の先生の考え方にもよると思いますけど、信頼して通ってる先生ですので打つのは3歳になってからにしようと思いました。でもおたふくにかかると子供にとってはかなりきつそうなんです。3歳までにかからないといいんですけどこればっかりはわかりませんよね。

スケジュール管理はアプリにおまかせ

娘が産まれて予防接種が始まったころにネットで色々見ていたらオススメされていたアプリがあってさっそく使ってみました!「予防接種スケジューラー」というアプリです。

見た目も可愛く子供の画像を設定したり誕生日を入力するだけで分かりやすく見やすいスケジュールを組んでくれます。これで打ち忘れは回避されるはずです!

予防接種の効果や副反応についても詳しく書かれているので、パンフレットを読むのが少しめんどくさい人にはこちらで内容を理解してくださいね。

成長するにつれ予防接種に連れて行くのが大変に・・・!

赤ちゃんのうちはあまり理解していないので、泣きわめくのは注射するときだけですが、成長するとだんだんと理解してくるので小児科に連れて行くだけで勘づく子がでてきますね。よく待合室ですでに泣いてる子を見かけます。でも打たないと終わらないし・・・とお母さんはどうにかして予防接種をさせないといけません!

対策としては予防接種に行くことは言わない!お気に入りのおもちゃやぬいぐるみを持参して少し気を紛らす。気付かれたら『すぐに終わる』事を伝える。終わったらたくさん褒めてあげる。何かご褒美を約束するのでも良いですね。とこれぐらいですがお母さんも疲れると思いますけど一度打てばまたしばらくは空きますので頑張って連れて行きましょう!

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)