2歳の夏!そろそろ始めようかな・・・トイトレ!②


2歳の夏!そろそろ始めようかな・・・トイトレ!①の続きです。

トイレトレーニングで準備するもの☆

トレーニングパンツ

トイレトレーニング用に普通のパンツに移行する前の練習用のパンツのことです。おむつに比べて吸水力が少なく普通のパンツより吸水力は良いです。おしっこ1回分ぐらいなら吸水されるそうですがそれでも多少は漏れます。おしっこをしたときの濡れた不快感を分からせるのが目的です。トレーニングパンツは布製と紙製の2種類があります。

脱ぎ着しやすい下着や洋服

すぐにトイレに行けるようにすぐに脱げるような洋服を身につけさせましょう。下着はロンパースタイプのものは避けキャミソールタイプやタンクトップタイプのものの方が好ましいです。

トイレトレーニングの進め方①トイレに興味を持たせる

子供はいつもオムツに無意識におしっこやうんちをしてしまうのでオムツにするのが当たり前です。その為トイレでいきなり座らせて「おしっこしてみようね」というのはムリな話です。

緊張してしまう子もトイレを怖がる子もいますので。

まずはトイレに興味を持たせ慣れさせることが大事です!そのためには絵本やDVDやおもちゃなどでトイレとはどういう場所なのかを教え込みます。お気に入りのぬいぐるみをおもちゃのトイレなどに座らせるのも効果的ですね。

保育園の子はお友達がトイレに行くのを見るのでオムツはずれが早いといわれています。おうちにいる子はお母さんや家族が実際にトイレをする様子を見せて覚えさせましょう。

トイレに大好きなキャラクターのカレンダーや怖がらないようにぬいぐるみを置くなど工夫すると良いですね。まずはトイレに興味を持たせてからです!

トイレトレーニングの進め方②トイレに誘ってみる

それでは実際にトイレに誘い便座に座らせおしっこをさせてみましょう。しかしすぐ座らせたからといっておしっこがすんなりと出るわけではありません。根気がいります(笑)

おもちゃで遊んでいるときはムリに誘わないようにし、最初は起きたら、お風呂に入る前、寝る前などに誘ってみましょう。慣れてきたら2~3時間おきを目安に。夏場は汗をかくのでおしっこの感覚も少し長くなります。

トイレでおしっこができるようになったらたくさん褒めてあげご褒美にシールを貼っていくなど親子で楽しめるように工夫したいですね♡しかし昨日できても今日はできないという日があります。それは仕方のないことなので根気よく続けていきましょう。

トイレトレーニングの進め方③日中はパンツに切り替える

トイレでおしっこをすることが増え自分でおしっこと主張できるようになったらいよいよパンツに切り替えです!それでもおねしょをしてしまうことはあるので気長にです(笑)

まだ寝る時と外出のときはオムツを履かせおうちにいるときはパンツなどにして使い分けましょう。

夜寝る時はおねしょシーツで対策!

夜中におしっこをしてしまう子もいると思いますがこれは5歳頃までは発達面として仕方のないことです。おねしょを想定しておねしょシーツをするなど対策しておくことが大事です。

夜中におしっこしてしまうからといって無理に起こしてトイレに行かせるのはやめましょう。生活リズムが崩れ逆効果になります!

失敗はつきもの!決して叱らないで!

お母さんにとっては掃除も洗濯も増えるし精神的にもイライラしてしまうことが多いと思います。しかし子供はできなくても当たり前仕方ないと思うことが大事!

失敗して叱ってしまうと子供ながらに失敗は自分でもショックを受けているのにお母さんに叱られたらさらにおいうちをかけてしまいます。子供の心を傷つけないようやる気を失わせないように決して叱らないようにしてあげましょう!できたら大げさぐらいに褒めてあげることも大事♡

お母さんにとっても子供にとっても試練ですがお兄ちゃん、お姉ちゃんに近づく成長の一歩です!


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)