もうすぐ端午の節句~知っておきたいマナー~


こいのぼり

男の子ママ必見!端午の節句のあれこれ

五月五日は端午の節句ですね。初節句の男の子ママもいることでしょう。子供ができると行事を大切にしたいところですが実際よく分からないてものが多いですよね。ここで一緒に勉強していきましょう!

端午の節句の由来は?

日本の端午の節句は奈良時代から続くとても古いものです。端午というのは元は月の端(はじめ)の午(うま)の日というもので五月に限ったものではありませんでしたが、午(ご)と五(ご)が同じ音なので毎月五日をしめすようになり、やがて五月五日になったと伝えられています。

徳川時代から端午の節句には鯉の吹流しを立て五月人形を飾るようになったといわれています。鯉はもともと威勢のいい魚で、昔から「鯉の滝上り」などと伝えられ、子供が元 気に育つようにという親の願いが「鯉のぼり」にこめられているんです。端午の節句は男の子の健康と前途を祝う行事なんですね。

鯉のぼりや五月人形はどちらの親から買ってもらうのか

基本お雛様と同じで妻側の親が用意するみたいですね。理由は結婚したら昔は夫の親と同居しなかなか娘や孫に会えない為何か行事があると妻の親がお祝いの品を持って訪れるからと言われています。

しかし現在では同居家庭は少なくなっていますので必ずしも当てはまるものではありません!

それに男の子の場合鯉のぼりと五月人形両方あるのでどちらも負担するとなると結構な金額ですよね。

鯉のぼりは見かけはしますが、それほど飾ってあるものではないのでマンション住まいだったりで鯉のぼりを飾る家庭は少ないかもしれませんね。

お祝いの食事やマナーはある?

いよいよお祝い!両家を呼んで家族みんなで子供の成長を祝う事が多いと思います。そこで押さえておきたいポイントをご紹介します。

お祝いは何をすればいいの?

初節句は家族みんなでお祝いする家庭も多いでしょう。いわゆるパーティーですね!特に何をするってわけでもなく、みんなで賑やかに集まって飲んで食べて男の子の成長を祈って祝ってあげればいいんです。

それ以降はお友達を呼んでパーティーしたり、お父さんお母さんだけでお祝いしたりとそれぞれになってくるかと思います。五月人形のほかに菖蒲の花を飾ると良いでしょう。

理由は、菖蒲は「尚武」や「勝負」に通じると言われており、「世間に負けずにたくましく育つように」という願いが込められているからです。

端午の節句の食事

端午の節句も桃の節句同様にちらす寿司など用意すると喜ばれます。簡単で華やかなので作る方にとってはうれしいメニューです(笑)

その他にタケノコは真っすぐ元気に育つという意味があるのでタケノコを使ったメニューも良いでしょう。

カツオは勝男にちなんで、豆は健康でマメに過ごせるように、鰤は成長するにしたがって名前が変わる出世魚という意味があります。

端午の節句といえば粽も一般的ですが粽は古くから中国では邪鬼を払うものとされ「災いを振り払う」という意味が込められています。

端午の節句の和菓子・お菓子

端午の節句では柏餅が有名です。柏の木は新芽が出るまで古い葉っぱが落ちないといわれています。このことから「子供が生まれるまで親は死なない」と言われつまり「子孫繁栄」の意味があります。

現代ではこちらの方が定番かも?鯉のぼりや兜といったモチーフがかわいくデコレーションされたケーキをよく見かけます。

子供は柏餅よりケーキのほうが喜びそうです!両家を呼んでお祝いするときは柏餅も用意しておけば喜ばれると思います。

端午の節句について少しわかりましたか?昔と今は変わっている事もあるけれど、男の子が健康に幸せに育つ事を祈るというところは変わっていません!

特にマナーもなくみんなで楽しくお祝いすればいいんです。今年の端午の節句が楽しみでね!

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)