お母さんが体調を崩したら大変!事前に準備しておくと良いものは?


家族のなかでお母さんが倒れたら大変!ごはんはやお世話はどうする?

子供が熱を出すのも大変で心配ですがお母さんはつきっきりで看病してそばについてあげることができますよね?しかしもし自分が体調を崩して倒れてしまったら・・・?誰が自分の看病と子供の世話をするの?と不安になります!

実際お父さんは毎日遅くにかえるし休みの日でも休日出勤になってしまうお父さんもいますよね?では頼りになる実家や親せきが近くにあるのかというとそんな恵まれた環境も少ないと思います。

私もすぐに来てくれるほどの距離ではなくごはんの準備や子供を面倒みてくれるわけではありません。体調を崩さないのが一番ですが、季節の変わり目や子供の病気をもらったりと少々無理をするとどうしても熱が出たリ体調を崩してしまいますよね?

そんなときに事前に準備しておくと良いものをまとめましたので、頼れる人がそばにいないお母さんは参考にしてみてくださいね!

家事は放棄!1日や2日ぐらいはしなくてもいいんです!

具合が悪いと動くのもおっくうです。そんな日は天気の良い日でも無理に洗濯をしなくても良いし掃除機もかける必要はありません。キレイ好きなお母さんや頑張り屋さんのお母さんにとっては家事を放棄するのはとてもこころぐるしいことではありますが。お母さんには早く元気を取り戻してもらう方が最優先!

ホコリや洗い物はその日は見ないようにしてゆっくり休めるときに休みましょう。

ごはんは普段から冷凍ストックを準備しておきましょう!

ずっと休みたいけど子供のごはんは用意しなくてはなりません。これもつらいですが親としてこれは放棄するわけにはいきません。

そうなったときに冷凍食品や普段から準備している常備菜は役に立ちます!

フライパンで焼くだけの簡単な市販のおかずでも良いですしとりあえずおなかが満たさられればその日は栄養バランスなど考えなくてもOKです。いつものように味噌汁や副菜など考えずに楽しちゃいましょう。

どうしてもキッチンに立つのがつらく難しい時にはデリバリーでごはんを宅配してもらいましょう。温かくすぐに食べられる状態なのでお母さんにとってはとても助かりますね。お金はかかりますがお母さんの体調が最優先です!

生理痛や頭痛のときはお薬を服用しましょう

生理痛が重い人やもともと頭痛もちの人は周期的に体調が悪くなってしまいます。私もサンゴ生理痛が重くなりもともと頭痛もちでもあるので月に何回かは体調が悪くずっと寝て居たい日があります。しかしそんなわけにもいかないのでお薬を飲むようにしてます。

以前までは仕事の時にどうしても我慢できないときだけ飲んでいてそのあとはお薬を飲むのを躊躇していたのですが子供が産まれるとそういうわけにはいかずお薬に頼るようになっています。

頭痛薬などは我慢しないで飲んだ方が良いと聞いたことがあるので無理せずに飲むようにしています。授乳中や妊娠中のお母さんは市販のお薬などは飲めないので病院でも飲んでも良いお薬を頓服として処方してもらうのも良いですね。

熱さまシートや風邪薬はいつも切らさないようにしておきましょう!

当たり前ですがいざ必要なときにないと買いに行ってくれる人がいないので困り果てます。そうならないようにいつも常備しておくように心がけましょう。

仲良しのママ友がいる場合は「お互い様」精神で買い物や子供を少しの間預かってもらったり子供の習い事の送迎を頼むなど協力してもらいましょう。

本当に信頼していないとできないことですがそんなママ友がいる場合は甘えてみるのも良いのではないでしょうか?もしママ友が体調を崩した場合は今度は自分が協力して助けてあげれば良いのです。同じ子供をもつ母親なら大変さや辛さは一番わかってくれます。頼もしい存在なのは間違いなしですね!


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)