胎教には何がいいの?オススメの胎教とは?


胎教とはなに?

胎教とは辞書によると「妊婦が精神安定に努めて、胎児によい影響を与えようとすること」と記されています。

お腹の中の赤ちゃんに良い音楽を聞かせたり英才教育として実行している方も多いと思いますが本来は妊婦さんのためのリラックス方法や妊娠期の過ごし方のことを言うようですね。

では胎教にはどんなものがあるのか?いつから始めたらいいのか?など気になる胎教について調べてみようと思います。

胎教はいつから始める?

初期のころはつわりもありとても胎教といってられるほど余裕はないかもしれません。胎動も感じられ赤ちゃんの耳も発達し音が聞こえるようになる妊娠中期が良いとされています。このころならつわりも落ち着き妊娠に前向きになれて胎動で赤ちゃんの反応も感じられるので妊婦さんは心がやすらぎそうですね!

私の胎教は

私もおなかがふっくらとしてきたぐらいの頃に胎教とは大げさかもしれませんが、Eテレの子供番組を聞かせていました。「おかあさんといっしょ」の歌や「いないいないばぁ!」の歌は一緒にうたっておなかの子に聞かせていました。踊るのは危険なので本当に鼻歌程度です。

そのせいもあるのか子供は歌が大好きで今では一緒にその歌を歌ったりしていますよ!本当にそれぐらいで何かCDを流したとか絵本を読んであげたなんてことはしませんでした。今思えばやってあげればよかったかな・・・(笑)

胎教の効果はどんなもの?

胎教をしたことによって夜泣きが少ない子になった、賢い子に育った、手のかからない子に成長したなどありますがいずれも科学的根拠はありません。まぁ調べようがないですよね(笑)

ほとんどの妊婦さんは元気に産まれてきてくれればそれだけで良いし天才な子になればいいな~ぐらいでそこまで本格的に胎教を意識しているわけではないと思います。おなかの子とのコミュニケーションとして胎教を取り入れているひとが多そうです。

胎教の種類①音楽を聞かせる

クラシックやオルゴールの曲を流すんだそうです。リラックス効果があり妊婦さんもゆっくりと休めそうです。

クラシックやオルゴールに限らず自分のお気に入りの曲などを聞いた方がリラックス効果が高そうな気がします。

胎教の種類②絵本の読み聞かせ

絵本をおなかの子に聞かせてあげます。あまり長く難しい絵本ではなくシンプルなストーリーで妊婦さんも読んで楽しめるようなストーリーがよさそうです。休みの日はパパが読んであげるのも良いですね!

胎教の種類③おなかの子とゲームをする

胎動を強く感じられる妊娠後期にオススメですが「キックゲーム」というものがあります。私も試してみましたが、赤ちゃんの存在を強く感じられうれしかったです!

お腹をポンポンと優しくたたくと赤ちゃんが蹴り返してくることがあります。そしたらその蹴った場所をまたママがポンポンと優しくたたいて応えてあげるんです。パパにも教えてあげ本当に優しく軽くたたいてみてと言ってみましょう。

胎教にはママの声だけで十分

音楽や絵本などいろいろありますがおなかの中の赤ちゃんにとってはママの声がいちばん落ち着くはずです。

教材や費用をかけて買わなくったって良いのかもしれません。

朝起きたら「おはよう。今日はいい天気だよ。」や夜は「おやすみ。」などと話しかけてあげることが大切です!赤ちゃんはお腹の中にいるときから記憶できるらしいので妊娠期間中はたくさん声を聞かせてあげたいですね。パパにも帰ってきたらおなかの子にも「ただいま」と言ってもらえたらパパの声も記憶するはずです。

じいじやばあば、それに兄弟の声もたくさん聞かせてあげたいですね!ママが妊娠期間をリラックスして過ごすのが大切なんですね。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)