小さなころからお料理を一緒にして「食育」に触れさせよう!


お手伝いができるようになったら一緒にお料理しましょう!

お手伝いができる歳になったらママやパパと一緒にキッチンに立ってお料理をするのを習慣化かしましょう。毎日ではなく休日の時間がある日やお天気がわるくて外に行けない日などは一緒におうちでクッキングというのはどうですか?

小さなころから「食育」に触れさせるのはとても大事!「食育」とは食事の基本的なマナーや食事に関する知識、健全な食生活を実践できる力を育むことです。小さな子に教えるのはまだ難しいかもしれませんが、食事のマナーは小さなころから教えていきたいですよね。

自分で食材を選び、自分で作るといつもに増しておいしく感じられ有難く思えると思います!いつもは残してしまう食事も全部食べてくれるようになるかもしれません。食事は生きていくためには必要なことですので食事の大切さ感謝の気持ちを育みたいですね。

しかし何歳からお手伝いが可能なのか?何歳から子供用の包丁を持たせていいのか疑問ですよね?

年齢別にどんなお料理のお手伝いがあるのか調べました。

2歳を過ぎたらお手伝い可能!ただし道具を使わないお手伝いを

2歳なんて少し早い気がしますが道具を使わないお手伝いならできそうですね。例えば一緒にジャガイモを洗ったりレタスをちぎってもらったり。サラダの盛り付けもできそうですよね。コーンをスプーンですくったりカニカマをさいてもらったり。

意外とできることがあるんですね!他には調味料を混ぜてもらったり。お箸ではひっくり返しそうなので小さめのスプーンで混ぜてもらった方が安心です。

朝食やランチにはサンドウィッチ作りも良いですね!パンにハムやきゅうりを置いてもらって挟んでもらう。これなら子供1人でできる立派な料理です。

3歳は丸める作業ができるように!おにぎりや肉団子をころころ

3歳になるとおにぎりを丸めてもらう作業をお手伝いしてもらえるようになります。あつあつのごはんはやけどしてしまうので十分に冷ましてからお願いしましょう。米粒が手につくのが嫌な場合はラップに包んでにぎにぎ。

100均で売っている振って一口おにぎりを作れる道具でおにぎりを作っても楽しいですね。自分で作ったおにぎりを持ってピクニックや公園に行くなんて良いですよね。

そのほかに丸める作業では肉団子を丸めてもらう作業もありますが子供がベトベトしていやがる場合もありますのでその時はおにぎりだけ手伝ってもらいましょう。

4歳は包丁デビュー!お手伝いの幅も広がります

4歳になったらいよいよ包丁デビューです。包丁といっても子供用の危なくない包丁。プラスチックでできていて包丁というよりナイフ感覚だったりして刃先を持ってもケガすることない包丁も発売されています。

その他にも子供用包丁はたくさん発売されていてお子さんの手の大きさやお子さんが好きそうなキャラクターを選ぶのも良いでしょう。ハムやきゅうりなど比較的簡単に切れる食材を切ってもらうのがオススメです。固い食材は力のない子供にとっては難しくケガの恐れもあるのでまずは簡単そうな食材から。

いくら切れないからといって包丁をおもちゃ代わりにして振り回したりキッチン以外に持ち出したらすぐ取り上げお手伝いを中断させましょう!包丁は危険だということを教え込み決して遊んだりしないということを言い聞かせます。

料理のほかにお皿の配膳のお手伝いも

料理のほかにもお手伝いはあります。お箸やスプーンやお皿の配膳です!お皿はもし落として割れてしまったらと不安ですが時にはあまり口出さずに見守る事も大事です!心配でついつい言ってしまいそうになりそうですが(笑)我慢ですね!不安なら最初はプラスチックの軽い落としても割れないお皿の配膳をお願いすると良いでしょう。

一緒にお手伝いしていくうちに食事の時間をもっと楽しんでくれるようになったら良いですね。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)