自宅でできるおうちリトミック♪子供の第六感を引き出そう!


教室に通わなくても大丈夫!おうちで楽しくリトミック♪

最近ではリトミックの教室や支援センターでも月に一度開かれていたりと小さな子のリトミックへの関心は高いです。

ただ通わせるのはという人やおうちでも簡単にリトミックがしたいというお母さんに必見です!今回はリトミックで何が伸ばせるのか?どのようにおうちで簡単にリトミックができるのかを紹介します♡

リトミックって何??

子供を産んだら聞いたことのある言葉「リトミック」。ではリトミックとはどのような習い事なのでしょうか?

リトミックとはスイスで二十世紀初頭に作曲家・音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズが児童心理学、大脳生理学の観点から提唱した音楽教育法のことをいいます。

集中力・想像力・思考力・感動できる心を音楽を通して育み子供の秘めた可能性を引き出すことができます。

リトミックから得られる効果とは??

リトミックはリズム感、音感、表現力を養えますが第六感も養うことができます。第六感とは視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の五感のほかにもうひとつある六番目の感覚のことを指します。筋肉の感覚が身に着くと運動神経や集中力も養われ体をコントロールできる力もつきます。

第六感が育つと音楽に合わせて体を動かし表現することができます。リズムを筋肉の感覚として体に蓄え音楽をより豊かに表現することができるようになります。音楽だけでなく日常生活のあらゆる動作をスムーズに行うことができ、行動する前に準備を整えられます。

そして自分の体の動きを自覚でき「これはムリそうだな。」「これは大丈夫そう。」と見極めることができるのは第六感が育っている証拠なのだそう。無茶な行動がなくなり自分なりに周りを見渡せる力が身に付きます。

おうちで一緒に簡単にリトミックとは?!

リトミックが得られる効果は分かりましたがおうちで身に着けられるのでしょうか?

意外と簡単にこんなことがリトミック効果に?というものが!

親子二人だけでできるリトミックやお父さんと一緒にできるリトミックもありますよ♡

例えばお散歩中に歩きながら腕を振りながら「ポクポクポク・・・」「どすーんどすーん!」など効果音をつけながら楽しく歩いてみましょう。動きに合った効果音をつけたりお互いのまねっこをしながら歩いても楽しいですね。

テレビから流れてくるCMの曲や大好きなアニメのテーマソングに合わせて体を動かすのも大事です。ひざの屈伸で体幹を鍛えられます!ゆっくり、少し早く動いたりと色々な速さで体を動かしてみましょう。リズム感が養われますよ!

お休みの日やお父さんがいつもより早く帰ってきた日は「お父さんリトミック」をしてみましょう♡

お父さんは力もありますし高い高いをしてもらったり体をダイナミックに使う動きも可能ですね。コミュニケーションにもつながりますし子供はリズムに合わせて体を動かすのが大好きですので喜びます。

手を脇にしっかりとハサミ「ぴょんぴょんぴょ~ん!」と一緒にジャンプしたりお父さんの足に子供を乗せて象さんみたいにのそのそ・・と歩いてみましょう。おうちでリトミックをするときは裸足でするように心がけましょう。靴下をはいていると滑って転倒する恐れがありますので注意してください!

おうちの中だけじゃなく外出先でもリトミックはできますよ♪

例えば電車の中ではサイレントグーパーの手遊びがオススメです。

声を出さずにリズムよくグーパーを繰り返しゆっくり早くと速さに変化をつけながらやってみてください。声を出さないことによって心の中で音を反復させる力も身に付き静かにする場所という自覚も覚えていきます。

音楽やリズム感がなく少し苦手というお母さんでもお母さんが音楽を楽しんでいるということが伝われば大丈夫です。親子で楽しみながら第六感を養っていきましょう♡


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)