おかあさんといっしょ特集(1)ママ友の中では「おかいつ」


おかあさんといっしょ特集1

ママに大人気!おかいつ

Eテレで大人気番組で長寿番組といえば「おかあさんといっしょ」!「おかいつ」とママ達の間で略されたりします。おかいつのことを3記事に分けて特集しちゃいます!

Eテレの子供番組の中で1番放送時間が長い!

放送日は月~土曜日午前8時~8時24分と月~金曜日午後4時30分~4時54分の2回で24分間番組です。子供向けの教育番組では1番放送時間が長いです!さすが長寿番組で大人気な「おかいつ」ですね。

土曜日の午後5時~5時24分にも放送され各地で開催されたファミリーコンサートの再放送が流れたりします。コンサートは大人気でなかなかチケットが取れませんのでテレビで放送してくれると嬉しいですよね!スタジオ以外でのおにいさんとおねえさんが見れるので貴重です。

1959年スタートし最初は週1回の20分番組だった?おかあさんといっしょの歴史

最初からうたのおにいさん・おねえさん、体操のおにいさんおねえさんが設定されていたんだそうです。当時は人形劇があったわけではなく何年も経ってからこの構成に落ちついたようです。

1959年に毎週月曜日13:40 – 14:00の週1回の放送で、純粋な幼児番組ではなく、「母と子が一緒に楽しむエンターテイメント番組」でした。翌年から月曜日~土曜日までの週6日の帯番組に変更し、放送時間が午前に移り、10:05 – 10:30となりました。初代人形劇はこの年にスタートしました!

1961年に 現在の歌のコーナーの前身となる『うたのえほん』が月曜~土曜の8:30 – 8:40の10分間の独立番組として始まり、うたのおねえさんとたいそうのおにいさんのみが登場しました。

うたのおねえさんは隔週交替で出演していました。1970年代にうたのおにいさんが登場し1980年代にたいそうのおねえさんが登場し現在のかたちになりました。

2017年現在のおにいさんおねえさん達

2017年現在のおにいさんやおねえさんはどんな人たちなのか気になりますよね。経歴などを調べてみました♪

第11代うたのおにいさん横山だいすけ

過去に劇団四季に在籍し「ライオンキング」などに出演した経歴があります。昔からうたのおにいさんになるのが夢で日夜努力したそうです。だいすけおにいさんはうたのおにいさん・おねえさんの中で歴代最年長の記録になります!優しい笑顔で子供たちに人気でいつも変顔したりおもしろいおにいさんです。

第21代うたのおねえさん小野あつこ

東京音楽大学で声楽を学び、学生時代には児童館で子供たちと音楽活動をしてきました。まだぎこちない感じはありますが最初のころに比べると大分自然になってきましたよね!

前回のうたのおねえさんの三谷たくみさんはとても人気があり、その後任だったのでプレッシャーはとても大きかったと思います。しかしあつこおねえさんも人気が出てきてすっかり番組に馴染んでいます!

第11代たいそうのおにいさん小林よしひさ

日本体育大学体育学部で体操部に所属していました。その後おかあさんといっしょのファミリーコンサートにエキストラとして出演し、当時のたいそうのおにいさんの佐藤弘道とは大学の先輩にあたります。

よしおにいさんも変顔がおもしろかったり、たいそうのおにいさんらしく、バク転や高くジャンプできたりと子供たちに人気です!

第5代たいそうのおねえさん(パントのおねえさん)上原りさ

兵庫県出身、洗足学園音楽大学音楽学部ミュージカルコースを卒業しています。たいそうのおねえさんではなくパントのおねえさんと呼ばれています!パントマイムで子供と遊ぶコーナーがあり、パントが上手で本格的で娘も大好きなコーナーの一つです。いつも明るく元気なパントのおねえさんです!

現在はこの4人のおにいさんおねえさんが番組を盛り上げています!次回は「第20代うたのおねえさんの三谷たくみさん」を取り上げたいと思います!だいすけおにいさんと名コンビで「だいたくコンビ」と話題になっていました。

お楽しみに~☆

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)