お花見シーズン到来♪子供がいる場合のお花見は?②


桜

赤ちゃんや小さな子供がいたってお花見を楽しみたい!

子供が産まれるまえからお花見を楽しんでいた人は子供が産まれても同じようにお花見を楽しみたいと思うはず!でも今までは気にならなかったけど赤ちゃんや小さな子供がいるお花見は、何に気を付けたりどんなものを持参した方が良いのかよく分かりませんよね。

今回は、小さな子供とお花見に行くときに気を付けるべき事をまとめました。

子供とのお花見~場所編~

大人だけで楽しむときは桜がキレイに見えるポイントが1番だったと思いますが子供がいる場合は、桜よりも優先しなければいけない事があるようです。

トイレの近くを確保しましょう

子供は我慢できませんしいきなりトイレ行きたいと言うのでトイレを探していたら間に合わない可能性が!なのでトイレの近くを確保しましょう。もしトイレの近くが取れなかったら、トイレの場所をあらかじめ把握し子供にも早めにいうように前もって言っておくと少し安心ですね。

小さな子供が遊べる遊具

次に小さな子供が遊べる遊具や、ちょっとした広場などがあれば飽きずに遊んでくれるので助かります。シャボン玉やサッカーなど子供も楽しめる遊びができると「もう帰ろうよ攻撃」を少し遅らせることができるかもしれません(笑)

あとはなるべく人混みをさけ桜の真下などにこだわらなければ大人も子供も楽しめるお花見になりそうですね。

子供とのお花見~食べ物編~

赤ちゃんで離乳食でしたら市販の離乳食セットを持っていくと便利ですよ。離乳食なので小さくあまり荷物もかさばりませんしレンジで温めなくてもそのまま食べられるものもあるので気軽にどこでも食べさせることができます。

その他にバナナが食べられるようならバナナやみかん、赤ちゃん用のお菓子などあればぐずったときに食べさせることができるのであると助かるはずです。

幼児食なら子供の好きなおかずをお弁当に詰めてあげ簡単なキャラ弁のようなものにすると更に喜んでくれる事間違いナシです!その他にお菓子も忘れずに持っていきたいですね。

総菜をスーパーやコンビニで買う際はフライドポテトや唐揚げなど、小さな子供が喜ぶおかずも買っていきましょう。

子供とのお花見~持ち物編~

子供がいると持ち物は増えますが、良い子でいてもらうためには仕方のない事ですよね。持っていくと助かるものは以下のものです。

①厚みのあるレジャーシート②ウエットティッシュ③ひざ掛け④お菓子類⑤子供が遊べるもの(ボール、シャボン玉など)⑥使い捨てのお皿コップフォークなど⑦トイレットペーパー

これらのものがあると安心です。トイレットパーパーは、公衆トイレのトイレットぺーパーがきれていても持参しているといざという時に安心です。それに子供がいるとジュースをこぼしたり、食べ物を倒したりと汚れる可能性もあるので、すぐにふき取る事ができるので様々な面で使えると思います。

子供とのお花見~服装編~

春といっても風が冷たく感じたり昼間は暖かくても急に冷え込んだり服装が難しい時期ですよね。特に子供には風邪をひかせないために防寒対策をしっかりとしてあげたいですね。風を通しにくくなおかつ動きやすい上着が良いでしょう。ユニクロのウルトラライトダウンなどオススメですね。着ない時は小さくまとめられるし軽くて薄いけどしっかりと暖かいので春には十分な上着です。赤ちゃんはまだ体温調節が自分では難しく汗をかきやすかったりするので着させやすく脱がせやすいものがオススメです。ベストやおくるみなどがあると良いでしょう。

赤ちゃんとのお花見~オムツ替え~

オムツ替え悩みますよね。オムツ替えシートの上でかえてしまうという人もいますが周りは飲食をしてるので良くないという意見もあります。私自信の考えは身内だけならしょうがないかなと思ったりします。他のグループでオムツ替えをその場でしていても特に気にならないですけどそれは同じママだから思う事でしょうか?

事前におむつ替えができる施設やトイレを下調べ

トラブルを避けみんながお花見を楽しめるように事前にオムツ替えできる施設やトイレを下見したり調べておくのが大事かもしれませんね。それか近くのコンビニのオムツスペースを借りるか車まで戻って替えるかなど考えておきましょう。少しめんどくさいですが、それぐらいの配慮は必要かもしれませんね。

もしもの時は使用済みのオムツを入れる密閉できるジップロックなどを持参していくと良いでしょう。

子供との夜桜はアリ?

赤ちゃんはまだやめておいた方が良いでしょう。夜は寒くなりますしあまり夜に連れ出すのはよくありません。

夜桜は子供の年齢にもよりますが、あまりお勧めできませんよね。夜桜は大人にとっては楽しいですが、子供にとっては眠たい時間になります。小さいうちは昼間の桜で我慢しましょう。子供も昼間体を動かして遊べますし、暖かい時間に楽しみむのが良いですね♪

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)