新生児の過ごし方。ママの体力はいつ頃から回復する?


新生児

新生児の1日のスケジュールは?

新生児は1日のほとんどを寝て過ごしますが、具体的に1日をどう過ごしているのでしょうか?今回は新生児の過ごし方や最初の育児、お風呂の入り方からママの体力回復までを細かくまとめてみました。

授乳回数と量は?母乳育児・ミルク育児・混合育児のそれぞれ

新生児は1回の授乳時間も量も少なく授乳間隔も短いです。赤ちゃんは吸う力が弱くすぐに疲れてしまい、そのまま寝てしまうのでまたお腹空いて起きるためです。生後1週間ぐらいまでは授乳回数は15回以上にもなります!

母乳育児

1~2時間おきで左右それぞれ5~10分飲ませましょう。この時期は何回飲ませても問題ないので、欲しがるだけ飲ませましょう。

ミルク育児

3時間おきで生後2週間は1日560グラムほど、生後2~4週間は720グラムほどが一般的な目安です。

混合育児

2~3時間おきの母乳だけでは足りてなさそうな時、授乳が終わっても泣いたりしてる時はミルクを足しましょう。目安としては、生後1週間まで生後日数×10ml+10mlであげます。生後2週間までは一回80mlをあげます。生後2週間~1カ月まで一回量を100mlとし最低でも3時間毎の授乳を一日7回は飲ませてください。

新生児のうんちやおしっこについて。オムツ替えの回数は?

オムツ替えがは1日に12~15回ほどです。ママあるあるだとは思いますが腱鞘炎になりかけますよね(笑)基本的にオムツが汚れたら替えますので頻度はかなりのものです。

うんちは1日に5回~7回で赤ちゃんによっては10回以上出たり1回しか出ない赤ちゃんもいます。1日1回出ていれば問題ないそうなので1回だけでも心配いりません。うんちは水っぽく黄色や緑色が正常です。水っぽいからといって決して下痢なわけでないので心配はいらないです。

おしっこは膀胱が未発達なためコントロールをうまくできないので、1回の量は5~20mlほどですが回数が多めです。成長とともに膀胱も発達しおしっこの量は増えて回数は減ってきます。

新生児のお風呂の時間ややり方は?

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので毎日お風呂に入れて清潔にしてあげましょう。冬や寒い日はお部屋を暖房で暖めておくと裸ん坊の赤ちゃんも寒くありません。新生児の頃はベビーバスなどが便利です。1回のお風呂は10~15分程度にし、お湯は夏の湯船は少しぬるめの38~39度、冬の湯船はあたたかめに40~42度にしておきます。40度前後がベストですね。

顔をガーゼで優しく洗いその次に頭を洗いましょう。ゴシゴシ洗わずに優しく丁寧に!首から下に順番に洗っていきます。赤ちゃんは肌が弱いので赤ちゃん用の石鹸を使います。

ママの体の回復

出産してからすぐ慣れない育児が始まるのでママはヘトヘト・・・。帝王切開のママは傷の痛みがまだあったりするので思うように体が動かない事もあります。

子宮の収縮

出産直後は子宮収縮が強いので一気におへそあたりまで小さく戻ります。そして収縮を繰り返してだんだんと小さくなります。この収縮する際に強い痛みを伴うことがあり、これを「後陣痛」といい初産婦より経産婦の方が痛みは強いそうです。

子宮内の不要なものを排出=悪露

出産直後から悪露が出始め、それが1か月ほど続きます。道の傷や胎盤の剥離面からの出血、子宮の脱落膜、卵膜などが混ざったもので、産後2~3日は大量に出るので大きな産褥パッドが必要です。次第に量は減り、色も茶褐色から淡黄色へ最終的には白っぽくなり終了していきます。

ホルモンバランスの変化

出産後ホルモンバランスが急激に乱れ急に悲しくなったりイライラしたりすることがあります。1か月もたてば落ち着きますが、あまり無理しないで周囲に相談したり手伝ってもらったりしましょう!私も産後すぐ帝王切開の傷が痛み、思うようにお世話できなかったり漠然とこれからのことが不安になったりとで、急に涙がポロポロこぼれました。

自分でもなんでこんなに悲しく泣いているのかよく分かりませんでしたが、きっとホルモンバランスの変化だったのでしょうね。

1か月はゆっくりとママも体を休めて

悪露も続きホルモンバランスも乱れ、慣れない授乳や育児でママも疲れ切っています。赤ちゃんはが寝ている時はできるだけ家事もお休みし、一緒に横になりましょう。退院後1週間は家事や外出はなるべくせずに体を休めましょう。

1か月検診で異常なしの診断がでるまでは「外出・入浴・性生活」は避けたほうが良いそうです。少しずつ家事などをして体を動かし、元の生活に慣らせていきます。ママが倒れたら大変ですので周りの協力を得ながら心も体も休めるように心がけて下さいね。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)