体温調節が難しい!ねんねの時の寝冷え対策!


ねんね

布団はかけてくれないし朝になると手足が冷たいときも!

どこのお子さんもそうでしょうか?うちの子は寝相が悪く真冬でも布団をちゃんとかけてくれないんです。私も寒いだろうと気になって夜中や朝方に起きて何度もかけるのですが、気づくと布団の上に体を出して寝てる状況。

子供は寒くないんでしょうか?ママ友の子も布団をいつも剥ぐと言っていました。真冬は手足が冷たくなっています!しかし不思議と風邪をひくことはなかったように思います。子供は体温が高いというけど気温にも鈍感なのでしょうか?寝冷え対策をまとめてみました!

そもそもどうして寝相が悪いの?

子供は寝相が悪くて当たり前のようです。というのは寝返りを頻繁にしありえない体勢になったままでもそのまま寝続けることってありませんか?

子供は寝てるときに寝返りをし体を動かし体温調節をしたり、筋肉をほぐし血流を促しているそうです。子供にとっては寝返りは必要なことなんですね!布団をかけすぎていると体温が高くなりすぎて自ら布団を蹴って体温を下げる動きもするそうです。

あとは布団が窮屈で締め付けや重さがいやになり布団を剥ぐこともあるみたいです。子供は寝るときも動き回るものなので自由に動き回れないと安眠を妨げられるみたいです。

寝るときの恰好は?ゆったりしたパジャマがらくちん!

パジャマ・下着→綿素材でお肌にやさしいものを選びましょう。冬でも人間は寝てる間に汗をかきます。子供は大人よりも汗っかきなので通気性の良いパジャマと下着を身に着けるようにしましょう。もし寝てるときに汗をかいていたら下着は長袖から半袖にしたりランニングやタンクトップにして下着で調整するようにしましょう。

サイズが小さかったりデザイン性だけで選ぶと体にフィットしすぎて窮屈なパジャマもあります。寝るときは締め付けが少ないゆったりしたパジャマを選びましょう。ユニクロや無印良品はおなかが冷えないようにボタン付きだったり腹巻付きなので安心です。

靴下・帽子→たまに足が冷たくてかわいそうだからと靴下を履かせて寝かせるママがいますけど必要なしです。子供は手足でこもった熱を放出させているそうです。なので靴下を履かせると熱がこもってしまい余計に汗をかき朝方冷えて風邪をひかせてしまうので要注意です!帽子やフードをかぶせることも不要です。

ママも安心!一年中スリーパーが大活躍!

どうせ布団をかけて寝てくれないなら布団を着てもらえばいいんだということでスリーパーを活用してるママはほとんどだと思います。スリーパーもいろいろ種類があり夏用・冬用とあります。夏用はガーゼ素材のものが多く背中部分がメッシュになっていたりと汗っかきの子供のことを考えて作られています。

夏は冷房をかけて寝る家庭も多いと思うので子供の寝冷えが気になったら夏用スリーパーを使うと良いですね。

冬用はダウン素材や綿毛布素材といったもので布団から逃げ出しても暖かく包んでくれます。肩までしっかり覆われていて足元まである長いスリーパーの方が体を冷やさなくて良いそうです。

私は真冬は肩もしっかり覆われている足元まであるスリーパーを使っていましたが春と秋はお腹までのベストを寝る時に着せています。夏場の寝冷えが気になっていたので夏用のスリーパーを活用してみようと思いました。

寝る時の温度調節は?冬は暖房は必要なし

夏は熱帯夜だと暑くて寝れませんよね?そこでエアコンを使用すると思いますが温度設定は26~28度が良いそうです。室温がある程度下がったら除湿に切り替えましょう。できればタイマーで2時間ほどで切れる設定に。切るのはちょっとという場合は少し温度設定を上げましょう。夏のパジャマはいくら暑くても袖がありおなかが出ないパジャマを選んであげましょう。

冬は寝る時は暖房器具は必要ありません。もし寒くてどうしようもない場合は先に寝室を暖めておき寝るころには暖房を切っておきましょう。部屋を暖めすぎると体温の低下がうまくいかず逆に寝つきが悪くなってしまうので気を付けましょう。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)