もうすぐ桃の節句~知っておきたいマナー~


桃の節句

女の子ママ必見!ひな祭りのあれこれ

三月三日は桃の節句ですね。初節句の女の子ママもいることでしょう。子供ができると行事を大切にしたいところですが実際よく分からないてものが多いですよね。ここでは一緒に勉強していきましょう!

桃の節句の由来は?

節句とは節目、季節の変わり目という意味で古来の日本では節句ごとに厄払いをする風習があったようです。そこで女の子は三月三日の上巳の節句に幸せを祈り健やかな成長を祈る儀式をします。

ひな祭りの起源となった「流し雛」は人形が災厄を身代わりに引き受け、川に流して不浄を祓うというものです。現在ではその紙人形がお雛様となり、桃の節句としてお祝いします。

お雛様について

お雛様はどちらの親から買ってもらうのか

一般的に女親の実家が用意するものです。というのも昔は結婚したら男親と同居するので、なかなか娘に会えなくなってしまいます。なので子供が産まれたらお祝いの品を持っていき、会う口実を作っていたようです。

しかし現代は核家族がすすみ、どちらの親が買うという決まりは薄れてきているようです。両家でお金を出し合って購入する事もあります。

今時のお雛様はどういうもの?

昔は7段飾りや8段飾りの立派なものが多かったようですが、今はマンション住みだったり、住む場所によってあまり大きなものは飾るのも収納場所の確保も大変ということで、小ぶりのものが増えてきています。

アクリルケースに入っていてオルゴール付きだったり収納飾りでコンパクトなものだったり。飾るのも昔に比べたらうんと楽になりましたね。小さい子が喜ぶリカちゃん人形のお雛様までありますよ。

お祝いの食事やマナーはある?

いよいよお祝い!両家を読んで家族みんなで子供の成長を祝う事が多いと思います。そこで押さえておきたいポイントをご紹介します。

お祝いは何をすればいいの?

初節句は家族みんなでお祝いする家庭も多いでしょう。いわゆるパーティーですね!特に何をするってわけでもなく、みんなで賑やかに集まって飲んで食べて女の子の成長を祈って祝ってあげればいいんです。

それ以降はお友達を呼んでパーティーしたりお父さんお母さんだけでお祝いしたりとそれぞれになってくるかと思います。

ひな祭りの食事

ひな祭りといったらやはりちらし寿司ですよね!見た目も鮮やかで子供も大好き!作る方にとっても割と簡単にできるのでありがたいです。しかしちゃんと意味はあって、ちらし寿司の具材に願いが込められているようです。

例えばレンコン(将来の見通しがいい)えび(長生き)豆(健康的でまめに働ける)といった意味があるそうです。お祝いの席にぴったりな料理ですよね。

あともう一つ定番のはまぐりのお吸い物。はまぐりは対になってる貝殻で、良い夫婦関係の象徴といわれています。大事な娘に将来素敵な相手と出会い幸せな結婚をしてほしいと親は思いますよね。

そういった願いが込められてるので是非当日作ってあげたいですね。

ひな祭りの和菓子・お菓子

桃の節句2

甘くて軽くて色合いが可愛いひなあられは定番ですよね。でんぷんが多く含まれているので体に良いとされています。飾ってあるだけで一気にひな祭り感が出ます。

次にひし餅ですがあまり用意する家庭は少ないかと思いますがこちらも定番でピンク、白、緑の3色の縁起物です。

現代ではこちらの方が定番かも?ひな祭りケーキです!ひな祭りの時期は可愛いお雛様が乗ったケーキが売られたりケーキ屋さんでもたくさんのひな祭りケーキが売られます。

子供にとっては和菓子よりも甘い生クリームのケーキの方が嬉しいのかもしれませんね。コンビニでも販売されていたり、手軽にケーキを用意できるのも魅力の一つだと思います。

桃の節句について少しわかりましたか?昔と今は変わっている事もあるけれど女の子が健康に幸せに育つ事を祈るというところは変わっていません!特にマナーもなくみんなで楽しくお祝いすればいいんです。

今年のひな祭りが楽しみですね!

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)