抱っこ紐や子供の抱っこでママの体は悲鳴をあげていませんか?解消できるマッサージは?


子供が成長するのは嬉しいけど…体力が持たない

産まれた時はまだ小さく軽い我が子でも成長するとずっしりと重みが出てきて毎日の育児が大変になりませんか?
大きくなってくれるのは嬉しいことだけど抱っこ紐や抱っこの負担は大きいですよね。私も筋肉が元々ないせいなのか腱鞘炎や抱っこ紐で1日お出かけすると筋肉痛になったり体が痛くなってしまいます。

そんなママの体の負担を少しでも解消するマッサージを紹介します!

なりやすいのはこの3つ!

育児の披露でなりやすい慢性的なものは肩こり、腰痛、背中の痛みだそうです!
その他にも腕が痛くなったりたくさん歩いたり踏ん張ったりすると足も痛くなりますよね。
育児は体力勝負と言うのは本当で、毎日のことなので1度体調を崩すと休養ができないのでなかなか治らず長引いてしまいますね。

赤ちゃんの頃は常に抱っこで夜中は頻回に授乳があったりオムツやお着替えも前かがみなので体勢が辛かったり。歩けるようになるとその分追いかけ回したりするので体力がいります。まだまだ抱っこも必要なので重くなった子供を抱っこするのは体に負担がかかりますね。

慢性的な痛みも毎日の事なので治らないまま過ぎ常に痛みがあったり。マッサージや接骨院に定期的に通えれば良いのですがそれも難しかったり。

簡単なストレッチを毎日続けることが大事☆

時間をかけてやるマッサージは毎日続けるには不向きです。まずはただでさえ疲れているので簡単にできるストレッチがオススメですよ!
肩こりと腰痛と背中の痛みに効くのは肩甲骨をまわすと良いんです。

深呼吸しながら固まった肩甲骨をほぐしていきましょう。
次に首周りの筋肉を緩め頭痛や首の痛みの改善にもなるストレッチです。

片方の手で頭をゆっくり左右交互に傾けましょう。首を回すのではなく横に傾けるだけで良いです。首の筋肉が緩んでいきますよ。
毎日続けるためには決めた時間に行うように習慣づける事が大切です。寝る前やお風呂上がりなど少し時間を取れてゆったりできる時がリラックスもできて良いですよ。

めぐりズムで贅沢時間♡

週に一度や頑張りすぎた日にはめぐりズムでホットアイマスクをしてゆったりと休みましょう。目もとても疲れますので寝る前にホットアイマスクをすると疲れが取れ癒されます。

めぐりズムのホットアイマスクは、蒸気でじわ〜と暖かくなり約10分暖かさが続きます。
1日の終わりの時や家事や育児がひと段落した時などに目元の疲れや緊張を取ってリラックスする事はとても大事!

香りも様々でラベンダー、カモミール、ローズなどがありアロマオイルを炊いてるみたいになります。目をシャキッとさせたい時はフレッシュミントがオススメですよ!

ホットアイマスクの他に温熱シートもありますがこちらも育児疲れにピッタリなアイテムです。蒸気で暖かくなり心地良い40度の温度が約5~8時間続くんです。半日は持つので肌にも直接貼ることができるので貼りながら家事や育児が可能です。
首の後ろや腰やお腹に貼る事ができ、体を温めてくれるので血行が良くなります。
生理痛の時にも貼ると少し体が楽になったので愛用しています。

要注意!抱っこ紐の装着は間違ってないですか?

抱っこ紐は腰ベルトつきのものが今は主流でエルゴが多く見かけます。実際に私もエルゴですが腰ベルトがあるので肩の負担は半減されています。ママたちに人気のエルゴなので体への負担は少ないかも知れません。ただし間違った装着だと意味はありません。

もう1度正しく装着できているのか確かめてみましょう!背中のベルトはなるべくきつくした方が良いそうなので、もう1度きつくなっているか確認してみようと思います。
ただいくらエルゴだからといっても長時間の抱っこ紐はきついですよね…(笑)


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)