兄弟の順番は一姫二太郎が良いって本当?理由は?


理想は一姫二太郎ていうけど本当??

昔から一姫二太郎が理想で子育てしやすいっていわれているけど本当なのでしょうか?

なかなか産み分けるのも大変ですしあまり気にしないお母さんも多いかと思います。私も女の子が一人は欲しかったので最初は女の子がいいな~ぐらいにしか思っていませんでした。

なぜ一姫二太郎が良いといわれているのか調べてみました!

一姫二太郎の本当の意味とは?

一姫二太郎の本当の意味を知っていますか?女の子が一人で男の子が二人という人数の問題ではないんですよ!産まれる順番のことを意味します。すなわち最初の子供が女の子で次に産まれるのが男の子という意味です。お姉ちゃんと弟ということですね☆

意外と間違えて覚えてる人が多いみたいなので正しい意味を理解しておきましょう。

なぜ最初が女の子が良いのか?

ではなぜ最初に産まれるのが女の子がよいのでしょうか?男の子より育てやすいからでしょうか?

理由は女の子は男の子に比べて風邪もひきにくく体も丈夫で性格もおとなしいから育てやすいんだそうです。手がかからないのが女の子ということなのですね。

逆に男の子は熱を出しやすく高熱になりやすいので昔は乳児死亡率が高く子育てが難しいといわれていました。染色体の関係で女の子より病気にかかりやすいという理由もあります。体も大きくやんちゃなためお母さんは体力が必要なため女の子に比べると育てにくいということなのでしょうね。

しかし男の子でもおとなしい子もいれば女の子でもやんちゃで活発な子もいるのでその子によるような気がします・・・。

お姉ちゃんは弟が産まれると小さなお母さんに!?

上の子が女の子が良いという理由は下が産まれると小さなお母さんになってくれるからかもしれません(笑)

女の子は小さくても母性があり世話好きな子が多いです。実際にお人形を赤ちゃんに見立て抱っこしたり寝かしつけたりミルクを飲ませたり・・・お母さんのしていることをよく見て真似していますよね?

自分の弟や妹にもお世話したり可愛がってくれます。お母さんとしては助かりますし心強い存在になりますね。そういった意味でも上は女の子が良いとされているんでしょうね。

日本だけじゃない!海外でも一姫二太郎が良いといわれている!

この一姫二太郎ということわざは日本だけではないんです!お隣の韓国でも同じような言葉があります。それは「アドゥルル ナウミョン ペッチョミゴ タル アドゥリミョン イベッチョミダ」意味は、息子を生んだら100点で、娘、息子なら200点。

日本だけではなく韓国でも同じようなことが言われているのには驚きました!

しかし理想は理想!順番なんて関係ない!

ここまで一姫二太郎のことについてお話しましたが、結局順番や男の子でも女の子でもどっちでも産まれてきてくれた我が子は大事な存在なので関係ないということです。

私は次は男の子が欲しいと思っていますが一姫二太郎だからという意味ではなく男の子を育ててみたいとおもったからです。女の子と男の子両方育ててみたいのです!

でもまた女の子だとしても同性の姉妹は可愛いですしうれしく思います。私にも姉がいるので大きくなったらなんでも話し合え助け合える私たちみたいな関係になってほしいとも思います。

兄もいるのですがいつも昔から優しくしてくれるのでかなり甘えています(笑)

上が男の子で次が女の子でもお兄ちゃんが妹を守るというのも理想的で可愛らしく思えますよね。お兄ちゃんは妹が大好きというイメージがあるので女の子は甘え上手になりそうです♡

一姫二太郎は理想ですが、それは理想でどんな順番で産まれてきてもたくさんの愛情を注いで育てていきましょう。


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)