進まない準備などの際に「早くしなさい!」と言ってませんか?実は言ってはいけない言葉でした!


誰もが言ったことのある言葉。「早くしなさい!」

朝の忙しい支度の時に子供がもたもたしていたりぐずぐずしていたりすると親のこっちはイライラしませんか?そんな時につい「早くしなさい!」と言っていませんか?誰もが言う言葉だと思います。

私も経験ありますがたぶんまいにちのように言っている言葉です。出かける時間が迫っているのにだらだらご飯を食べていたりテレビに釘付けだったりお着替えをしてくれなかったり…。あげたらキリがないですが子供って本当にマイペース!目の前の事しか見えなくなるのは仕方の無いことだと思うのですが。

しかし実はこれ子供に言ってはいけない言葉だったのです!親が当たり前のように注意したり叱ったりしている言葉が間違ってしまっている場合もあるんです。

「早くしなさい!」は逆効果。どうして??

子供にとって時間の概念はなくいつまでもダラダラしてしまいがちです。時間はたっぷりあるしまだいいや〜という感覚がはたらいているようです。しかし親は急かしてしまうし、早いとこ終わらせて次のことをやりたいと思う気持ちもあるんですよね。

親の思う通りには動いてくれないと分かっていてもイライラしてしまいます。
そんな中「早くしなさい!」と急かしても逆効果で子供はもっとゆっくりになったり開き直ったりして反抗的な態度を取ったりします。

そうなると余計にもっとイライラ(笑)
ガミガミまた小言を言ってしまいますね!

「早くしなさい!」に変わる正しい声がけとは?

「早くしなさい!」を使えなくなってしまったらなんと言えば正しいのか?
これは褒めることが重要だそうです!

子供のことを褒めると子供も自信に繋がりやってみよう!という気になるそうなんです。
なので「上手にお着替えできるよ〜やってみて!」「すごいね!この調子でこっちもやってみようか?」というように子供を褒めながら誘導していくんです。

難しそうですが、意外と簡単にできちゃうかも!?言葉だけじゃなくパチパチと拍手したりパパに「凄いんだよ!〇〇ちゃん1人で準備できたんだよ!」と言ってパパからも褒めてあげるとW効果が得られそうですね♡
子供は純粋で単純なので褒めてあげると自然と自分ですすんで準備してくれるかもしれません!

声がけは常にポジティブな言葉を意識しましょう!

朝の準備の他にも新しいことにチャレンジさせたい時に尻込みしてしまう子も多いでしょう。そんな子供が不安そうにしてる場合はポジティブな声がけで子供の気持ちを前向きに変えていくんです!

「〇〇ちゃんこういうの得意だからきっと上手にできるよ!」「赤ちゃんの頃から凄い子だったんだから絶対に大丈夫だよ!」こんな言葉をかけてもらったら子供は勇気が出てやってみようと飛び込んでくれるかもしれません♡

親がいつもポジティブな言葉をかけることにより子供も怖がらずに色々な世界を見れるかもしれません。それほど言葉とは重要な意味があるんですね!

まず親の私も心にゆとりを…

褒めながら指示するという事ですがそうなるまでには心にゆとりがないと忙しい朝や夕方には難しいかもしれません。

褒めたいけど時間もないしついイライラしちゃう!なんてこともありそうです(笑)
そんな時は子供への期待値をグーンと下げます!子供に期待をしないこと!です(笑)

最初から期待していないと急にぐずることなくワガママを言わずに準備に協力的だと親はとっても嬉しいし感動してしまいますね?

少しの事でもできたらそれだけでいいんだと思えばイライラも少しは解消されるかもしれません。少しのことでもできたらたくさん褒めてあげることを繰り返していけば準備も順調に進んでいきそうですね!


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)