誤飲と誤嚥(ごえん)の違いとは?身近な食べ物で起きてしまう事故!


誤嚥を知っていますか?誤飲とは違うけど危険!

みなさん誤嚥という言葉を知っていますか?ごえんと読みます。

誤飲とは違うんです!誤飲は食べ物以外のものを飲み込んでしまうこと。誤飲に多いと言われているのが例えば電池ボタン、タバコ、医薬品、指輪、洗剤などと言われています。

誤って飲み込んでしまうと化学物質や医薬品などで強い中毒性を引き起こす可能性がありとても危険です!子供が生まれると一度は誤飲には気を付けましょうというのを病院の冊子や雑誌などで目にしたことだと思います。
家庭でも十分気を付ける必要がありますね!

では誤嚥とはどういう症状のことをいうのでしょうか?誤嚥とは、食べ物がうまく飲み込めずに食道ではなく気管に入り込んでしまうことを言います。大変危険なのが窒息をしてしまう可能性があるため生命の危険を伴います。

厄介なのが誤飲にはトイレットペーパーの芯の39mmのものは赤ちゃんの口に入れると危険という目安があります。しかし誤嚥はその目安もなくどんな食べ物でも起こりえるということです。そしてどの年齢でも引き起こしてしまうのです。

実際に起こった誤嚥事故!死亡事故にもつながります。

誤飲は意識して注意していたのですが誤嚥についてはあまり考えていませんでした。母親として失格だと思ってしまいました。

ムセないようにとは思って小さく刻んだりしていますが食べている時に少し離れてしまったりするのでずっと見守っているわけではありません。少し目を離したすきにもし誤嚥につながり窒息してしまったらと思うととても怖いですね。

誤嚥で実際に死亡事故も報告されています。アメリカでは年間で毎年10歳未満の子供が約70人前後死亡しているそうです。日本でも決して少なくなく毎年約20人以上の子供が死亡しているそうです。他人事ではなく日常的に起こりえる事故だということが分かりますね。

誤嚥につながりやすい食べ物とは?いつも食べさせているあの食べ物も!?

ではどんな食べ物が誤嚥につながっているのでしょうか?

アメリカではホットドッグ、ポップコーン、クッキー、ポテトチップスなどアメリカならではのものが多いようです。

では日本ではどんな食べ物でしょうか?

ナッツ類、ぶどう、生のニンジン、プチトマト、ソーセージ、こんにゃく、ベビー用のおやつなが報告されています。

この他にも焼きのりも意外と多く喉に張り付いてしまうので注意が必要だそうです。子供はおにぎりが大好きで海苔だけ食べたりしますよね?まさか誤嚥につながるとは思いもしませんでした。

ぶどうとプチトマトも好きでよく食べさせますが気を付けなければいけないと思いました!

そして驚きなのがベビー用のおやつも誤嚥になる可能性があるということ!なんれもベビー用のウエハースなどは柔らかく喉に貼りつきやすいので注意が必要なんだそうです。食べている時はそっとそばで見守るようにしたいですね!

誤嚥の予防策とは?

誤嚥が大変危険でどんな食べ物でも引き起こしてしまうという事が分かりましたね。では私たち親が気を付けるべきポイントは何でしょうか?

ナッツ類は飲み込む力が未発達な5歳頃までは食べさせないようにしましょう。よくアレルギーもあるので3歳頃までは控えるというのを耳にしますが誤嚥にならないためには5歳頃までは食べさせるのを控えた方が良さそうですね。

そして食卓に出す食べ物の大きさですがプチトマトなど野菜や果物は適切な大きさに切って出してあげましょう。食べる時は「よく噛んで食べようね」と実際にお母さんが実演してあげると良いでしょう。

食事中の環境も見直す必要があるかもしれません。食べている時に立ち歩いたり寝転んだりふざけてぴょんぴょん飛んで遊んでいませんか?

何かの拍子に誤嚥が起こる危険性があります!食事中はしっかりと最後まで座って集中して食べさせるようにしたいですね。


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)