入園・入学の季節!春は子供にも親にも試練の季節!


新入生

春から幼稚園生・小学生のママたちへ

あんなに小さく赤ちゃんだった子供が、春から新幼稚園生や新小学生になるなんて感慨深いですよね。ここまでくるのに長かったようなあっという間だったような。今までも成長ごとに悩みや不安が出てきたり心配事が尽きなかったかもしれません。

しかしこれからは集団生活も始まり新しい校舎などで学ぶなどもっと心配になりそうなことがたくさんです。私たち親は1番近くで見守る事しかできませんが、子供の成長には不可欠な事なのでそばで暖かく見守りたいですね。

入園準備・入学準備は大変!?

幼稚園の入園準備は園によりさまざまですが一括購入で準備できるところもあれば手作りなど自分で準備する幼稚園もあります。制服や通園バッグや運動着に上履きなど園指定のものがあれば指定のものを注文します。

手提げバッグなどは自分で用意する

その他に手提げバッグなどサイズ指定があるのでこちらは自分で準備する幼稚園が多いと思います。裁縫があまり得意でない場合はばぁばに作ってもらったりお店でサイズを伝えると作ってもらえるのでお店を利用するママもいるようです。

コップやお弁当箱も用意しておく

その他にはコップやお弁当箱など細々としたものがたくさんあるので準備は早めに取り組みたいですよね。汚れても良いプチプラの幼稚園用の服も出来れば用意したいですね。持ち物全てには名前を書かないといけないのですがこれが大変そう!

今はおなまえシールやアイロンでくっつけられる便利なものがあるのでうまく活用したいです。同じキャラで揃えたり子供が好きそうな生地やキャラを探したりするのでその時期は入園準備の事で頭がいっぱいになるそうです。

小学生は文房具が中心

小学校の入学準備は、文房具が中心です。筆箱や鉛筆やノリにはさみなど・・・

上履きや体操着は注文して学校から頼みます。防災頭巾の準備も必要なようです。幼稚園にいっていたので手提げ袋などはそのまま使えそうですが、もう小学生だからこれは恥ずかしいと言われたら新しく作り直さないといけませんね。サイズ指定も学校によってあるのでサイズが違えばまた新しく作り直す必要があります。

親の心配事・・・

幼稚園では初めてのお友達との集団生活が始まります。初めて親と離れて生活するので心配事もありますよね。

皆が抱える親の心配事

親の心配事として特に多いのが、『みんなと同じことをちゃんとできるのか』と『お友達と楽しく遊べるのか』あとはトイレの心配などもありました。実際におもらしをしてしまう子はいるようです。

お友達と楽しく遊べるのかという面はあまり心配いらないような気がします。子供はすぐに仲良くなるので毎日会っていたら自然と一緒に遊ぶようになります。

ほとんどの子が夏休み前までには慣れる

入園したての時はよく朝泣いてたお子さんは多いようで親としても困ってしまいますね。しかし時間がたつにつれ「○○ちゃん」とお友達の名前が出てきたり幼稚園で何して遊んだのかなどと話してくれるようになるそうですよ!ほとんどの子が夏休み前の夏までには園生活に慣れるようです。

小学校は1年生~6年生で体格や性格も随分違う

小学校では6年生までいるので自分より体格のいいお兄さんやお姉さんと一緒に学校での生活が始まりますね。今までの遊んで自由な幼稚園とは違いお勉強が始まり運動も体育になり厳しくなってきます。

お兄さんやお姉さんと一緒に登校

朝はお兄さんやお姉さんと一緒に登校班で登校します。慣れない勉強と1時間近くは席に座って授業を受けるので時間も拘束され休み時間も短いです。そんなわけで最初のころはやはり慣れない子も多く、入学してしばらくの間は泣いて学校に行くのを嫌がるようですね。

授業で分からない事があると嫌になったり席にずっと座っているのが苦痛だったりそれぞれ嫌な事があるようです。

人見知りのある子は注意

慣れるまでは個人差がありすぐに慣れる子もいれば人見知りがある子は半年ほど「行きたくない」が続いたりするようです。小学校は我慢することも多く時には嫌な思いもすることでしょう。

家庭訪問や連絡帳で先生に相談する

子供にとってはこの環境の変化は大きく戸惑ってしまうかもしれませんね。あまり聞きすぎると「うるさい!」と言われてしまうのでそっと見守る事も大切です。家庭訪問や何か気になることがあれば連絡帳に書いて先生に伝えてみるのも良いかもしれません。

先生は沢山の生徒と対応していて、細かい事を聞きすぎても対応が大変だと思うので、できるだけ自分で見極めて判断したいですよね。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)