知育にも繋がる指先を使う遊びは?指先を器用に!


指

指先を使った遊びをさせたい!器用な子に!

体を動かす遊びも大切ですが指先を使った遊びも大切ですよね。考えたり創造したりするので頭の知育にも良いと思うんです! それに集中力が養われそうです。月齢別の指先を使った遊びにはどういうものがあるか調べてみました!

1歳前後の指先を使った遊び

8ヵ月ぐらいになるとお座りも安定しひとり遊びができるようになります。 そしてら1歳前後になると指先で「つまむ」という動作ができるようになります。おやつやご飯などをつまんで食べる事も増え小さなおもちゃでもつまんで持ち上げる事ができます!今までは手全体で掴むという動きがつまむという動きに成長します。

つまめるようになったら家庭にある新聞紙に少し切れ目を入れてあげ渡すと面白そうに指先で割いて遊ぶようになります。ビリビリと音を立てながら割く行為が楽しくなるでしょう。

産まれた頃は全て受け身で親が何でもやったりお世話していましたが、1歳近くなると子供の好奇心や興味をもったものを見守り遊びの幅を広げてあげましょう。そしてサポートしてあげると良いですね。

1歳~1歳半の指先を使った遊び

1歳半近くになるとお椅子に座り集中して遊ぶ事ができるようになります。ただしそんなに集中力は持ちません(笑) クレヨンを使った遊びはオススメです!クレヨンを使い創造力を養いましょう!

紙の上に自分でクレヨンを持たせなぐり書きでも何でも良いのでお絵かきさせましょう。紙に書いた跡が残るのは子供にとってとても興味深く楽しい体験になります。クレヨンはすっぽり手の中に隠れるぐらい短いものがオススメです。 あやまって口に入れてしまっても安全安心なクレヨンを選びましょう!

その他に粘土遊びも有効です。粘土はちぎってこねてそしてカラフルな粘土もたくさんありますので、視覚も刺激されて良いと思います。粘土で遊ぶ際は「赤色だね」「柔らかいね」「ちょっと冷たいね」など触った感触や色を親が思った通り子供に伝えると良いですよ。

2歳の指先を使った遊び

2歳はイヤイヤ期ですので少しでもできないと泣いてわめく可能性がありますね。自分はこうしたいのに上手にできないと怒ると思いますが指先を使った遊びは大切なのでやらせてみましょう。

上手にできたらたくさん褒めてあげましょうね! リモコンやスマホを持ちたがり指先で押す行為をよくしませんか?本当に親の事をよく見ているんですよね。私の子供もまだ2歳前ですが録画した番組が終わるとまた次の番組を見ようとしてリモコンを持ち出しテレビに向かってポチポチ押しています。

その押し方が私にそっくり(笑) なので使っていないスマホをおもちゃとして渡してあげました。大人と一緒が嬉しいのか私が電話していると子供も真似をしてそのスマホで電話するフリをしていました!指先でスライドしたりポチポチ押したりもしています! 他には色や形が識別できるようになります。そこで簡単なパズルなんていかがでしょうか?

これはかなり集中して何度も遊ぶ子が多いです。最初は好きなキャラクターのアンパンマンなどのパズルを買ってあげ大人と一緒にやってみましょう。そのうち1人でもくもくと遊び始めます。 粘土遊びも引き続き取り入れたいですね!小麦粘土が安全ですのでオススメです。100均などで手に入るのですぐに遊ばせられますね。

指先を使うと頭が良くなる!?

指先の神経は脳に直結していますので脳が活性化されます。最近の子は手先が不器用と言われています。親が過保護になり何でも手を出してしまい子供自体があまりお手伝いをしなかったり自分の事を自分でしなくなった事が原因かもしれません。小さいうちから積極的に指先を使った遊びを取り入れ知育に繋げたいですね。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)