夏のクーラーで電気代が気になる!お得に電気代を節約する方法は?


夏はクーラーが必要不可欠!1日中つけっぱなしにする日も!

夏は部屋の中にいても熱中症にかかる危険があります。昔よりも最近の暑さは激しくクーラーに頼る毎日ですよね。子供もいると部屋の気温には気を使う必要があります。赤ちゃんや子供はただでさえ汗っかきで少し昼寝をすると背中は汗びっしょりになっています。汗もも気になりますしお肌トラブルに進展してしまうのでクーラーを活用する必要がありますね。

しかし主婦として気になるのが電気代です!よくクーラーは消さずにずっとつけっぱなしにしている方が電気代が安いと聞きますが、小心者の私はついちょこちょこ消してしまいます。

朝は換気もしたいし比較的まだ涼しいので窓を開けていて気温が上がる頃にクーラーのスイッチをON!昼間子供と出かける時はまたクーラーのスイッチをOFF!そして帰ってきてまたスイッチON!夕方になり涼しくなったらまた消して窓を開けます。夜はまたクーラーをつけるといった感じです。かなりこまめにつけたり消したりしていますね。電気代が気になるというのも理由ですが子供にずっとクーラーの効いた部屋にいさせるのが少し気が引けるというのも理由の一つなんです。

夏の電気代をどうしたら節約できるのか調べてみましょう!

電気代の割合は半分がクーラーを占めています!

やはり電気代の半分はクーラーが消費しています。クーラーの次は冷蔵庫だそうです。冷蔵庫などはずっとつけておく必要があるのでクーラーを少しでも節約したいですね!

どんな方法があるのか見てみましょう。

クーラーの節約テクニック①設定温度は?

まず設定温度は「28度」がベスト!設定温度を1度上げると約10%の節約になるんだそうです!

28度だと少し暑くない?と感じる方もいると思いますが扇風機を併用するとお部屋は結構冷えて涼しくなりますよ。

扇風機は首ふりに設定し向きは天井を向けましょう。冷えた空気は下に行き暖かい空気は上にたまっていきます。そうすると上にある暖かい空気を冷やそうとクーラーは更に冷やし続けます。ですので扇風機は天井に向けて空気を循環させると電気代節約につながります。

クーラーの節約テクニック②風量は?

さて気になる風量ですが弱のほうが節約につながりそうですが答えは「自動運転」です!

クーラーは付けはじめの消費電力がいちばん大きいので自動運転にしておけば部屋がある程度すずしくなれば大人しくなり無駄のないクーラーの使い方ができますね。

クーラーの節約テクニック③カーテンは?

カーテンを日中でも閉めておくと部屋の温度が下がりお部屋の中も涼しくなります。ただし日中やはり暗いのが嫌だという人は出かける時だけカーテンを閉めておくというのも効果はありです!

カーテンを開けておくだけでお部屋の温度は上昇し日当たりのいい部屋は余計に暑くなります。

出かけるときに閉めておくだけでも部屋の温度に違いがあります。そしてクーラーをつける前に5分ほど窓をあけて換気すると部屋の温度が少し下がりクーラーの電気代節約につながりますよ。

クーラーの節約テクニック④少しの外出ならつけっぱなしに!

クーラーは3時間以上外出する場合は消した方がお得ですが3時間以内など少しだけ外出するぐらいなら消さないでつけっぱなしにしておいた方がお得だそうです。

それと1日中家にいる場合もこまめに消さずにつけっぱなしにする方がお得です!

部屋を冷やそうとする最初の消費電力が一番電気代を使うのでずっと部屋の温度が涼しく一定の方が電気代節約になるんです。帰った時も涼しくて気持ちが良いですよね。

私も明日からクーラーの使い方を変えて節約してみようと思いました。みなさんもお試しくださいね♡


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)