妊娠中・授乳中に飲めるノンカフェインの飲み物特集!


どうしてカフェインは良くないの?

妊娠中や授乳中にアルコールは飲んではいけないですがカフェインも良くないとされていますよね?カフェインはコーヒーのほかに紅茶、緑茶、コーラなどにも含まれています。ではどうして妊娠中と授乳中にカフェインはダメなのか調べてみました。

妊娠中は、カフェインを多く含む飲み物を妊娠初期に大量に摂取するとお腹の赤ちゃんに悪影響をあたえるといわれています。胎盤を通じて赤ちゃんにいきとどき内臓器官が不完全な赤ちゃんにとってはカフェインを分解して排出することができません。

胎盤の血流も減少させてしまいます。妊娠初期に大量のカフェインを摂取したお母さんから生まれた赤ちゃんは低体重で成長が未熟で落ち着きのなさが報告されています。

カフェインによって不眠に繋がってしまう

授乳中は、母乳を通して赤ちゃんの体内に入ってしまうため、赤ちゃんはカフェインの感受性が高く興奮気味になり落ち着きがなくなり不眠につながるといわれています。赤ちゃんの夜泣きが多かったり寝つきが悪かったりいつもより機嫌が悪いときはカフェインの大量摂取によるものかもしれません。

しかしコーヒーにはリラックス効果もあり妊娠前からコーヒー好きでよく飲んでいた人にとって我慢をするのは辛いですよね。1日2~3杯程度なら問題ないとされているのであまり神経質にならなくても良いかもしれませんね。

ノンカフェインで美味しいオススメの飲み物は?

1日2~3杯程度なら問題ないとされていますが心配性な私は極力コーヒーを控えていました。麦茶とノンカフェインのものをいつも飲んでいました。妊娠するまではノンカフェインなんて特にきにしたことなかったので妊娠してノンカフェインの飲み物をいろいろと調べてみました!結構あるんですよね。しかも美味しいんです!

体に優しいし授乳が終わった今でも飲み続けているものもあります。

妊活・美活にも良いルイボスティー♡

私がはまって今でも飲み続けているルイボスティー。ルイボスティーは知っていましたがノンカフェインで妊活やアンチエイジング、冷えやむくみにも効くなどたくさんの女性にうれしい効果があるとは知りませんでした。

なぜ妊活に良いのかというと卵子の質を上げ妊娠しやすい体になるんだそうです。アンチエイジングでは抗酸化成分が肌の老化を緩め若々しい美肌になり、活性酸素を除去し、体の免疫力を高めて細胞の新陳代謝の促進してくれるんだそうです。ホットで飲んでも美味しいしアイスにしても美味しいですよ。

母乳に良いたんぽぽコーヒー

たんぽぽとはあの植物のたんぽぽで中国では昔から漢方薬として使用されていました。たんぽぽコーヒーはとても健康に良いとされていてママにうれしい母乳にも良い効果が期待されています。母乳の質をよくし出を良くしてくれるのでママの間では認知度が高い飲み物です。

入院していた産院で飲みましたが味は正直苦手でした。美味しくないわけではないですがやはり物足りなさを感じてしまいました。しかし周りのママたちはみんな飲んでいたので好きな人は好きなんだと思います!

人気コーヒーショップのデカフェドリンクは?

スタバやドトールやタリーズのコーヒーショップではデカフェメニューはあるのでしょうか?

まずスタバですが2017年1月11日からデカフェエスプレッソが提供されるようになりました。私も妊娠中にスタバでデカフェはありますか?と聞いたところまだなくてあきらめて普通にコーヒーをその時妊娠中に1杯だけ飲んでしまいました(笑)我慢できなくて!

次にドトールですが2016年6月24日からコクも香りもそのままのデカフェの本格的なアイスコーヒーが発売されるようになりました。

最後にタリーズですが一部の店舗でデカフェのエスプレッソビバレッジが販売されています。

気軽に大手コーヒーショップでもデカフェが販売されているので妊婦さんや授乳中のママにはうれしいですよね。コンビニや無印良品やペットボトルでもデカフェのコーヒーが発売されています。

妊娠中や授乳中に限らずカフェインの摂取を控えたいと思ってる人や寝る前に飲みたいという人などにもオススメの飲み物ですね♡

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)