子供の血液型は知っていますか?何歳になったら調べるべき?


子供の血液型

昔と今は違う血液型事情!

みなさんはお子さんの血液型をご存知ですか?
私は実はまだ知りません。というのも産まれたら産院で教えてくれるものだと思っていましたが、教えてもらえなかったんです。
ただ私達夫婦は両方A型なので子供もA型の可能性が高いと思っています。もしくはO型か。正確な血液型を調べるのは何歳からがいいのでしょうか?

むかしは自分の血液型を知らない方が珍しく血液型分からないて聞いたらえっー何で分からないの?と言われていましたが現在は血液型を知らない子が多いそうですね。

新生児の血液は不安定であてにならない!?

産まれたばかりの赤ちゃんは血液が不安定で調べても正確さがないのであまり意味が無いようです。理由は血液型を調べるための抗原や抗体がまだ十分にできていないからです。赤血球側のA抗原とB抗原が十分に強くなるまでには、約1年かかり、さらに血漿内の抗A抗体と抗B抗体が体内でできあがるまでに、約2~4年が必要といわれています。それとお母さんから移った抗体が影響するので正確ではないそうです。最短で2歳で血液型検査はできますがまだ確実とは言いきれません。

なかには産院によっては血液型を調べてくれるそうですが正確さを求めるならもう少し大きくなったら再度調べる必要があります。

血液型の検査方法と何歳になってから調べる?

では血液型の検査方法ですが、小児科や内科そして皮膚科で調べられるようです。
検査方法は採血して調べます。昔は耳たぶから血液を採取して調べていましたが少量なので正確ではなく今では腕や手の甲から採血するのが一般的です。小さな子供にとってはかなりの負担ですよね。

費用は1000円から3000円ぐらいで調べられます。医療機関により異なりますので事前に病院に確認しておくと良いと思います。
そして子供の年齢ですが特に何歳までにという決まりはなく4歳以降なら正確な結果が出るとされていますので目安としては小学生までに血液型を調べると良いと思います。

本当に血液型を知る必要があるのか?

血液型が必要になるのは病院で輸血をする時などですが、輸血をする前に病院では血液型の自己申告があっても必ず血液型を調べますので実際の血液型をその時に知らなくても大丈夫なんです。

違う血液型を輸血してしまったら命の危険もあり大変ですからね。
ですので血液型を知らなくても大丈夫なんです!実際に子供の血液型を知らない、調べていないという人が多く昔と今では血液型事情が変わっているようです。

海外では自分の血液型を知らないという人の方が多いんです!
昔流行った血液型占いが今では通用しないことになります(笑)
ただ幼稚園や小学校で血液型占いにより嫌な思いをする場合もあるのでその点は良いのかもしれませんね。

もし調べる場合はなるべく負担を減らしましょう!

入園、入学シーズンに子供の血液型を記載する機会がありますがその時に血液型を調べる人も多いようです。
ただ採血をして調べるので小さな子供にとっては精神的にも肉体的にも負担があります。

病院に行くだけでも敏感になって連れて行くだけでも大変ですよね。なので負担を減らすためにアレルギー検査で採血をする時に同時に血液型も検査してもらうなど子供の負担をなるべく減らしてあげたいですね。

アレルギー検査は保険が適用されますが血液型検査は自己負担になりますので注意しましょう。
今はわざわざ血液型を調べるために病院に行くというのは少ないようです。日常生活においては何も困りませんからね。ただ親からしてみると子供の血液型が何型なのか少し気になるところ。

何か検査のついでに血液型も調べてもらおうという感覚で良さそうです。


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)