意外と多い!?子供の便秘!予防策と対策!


うちの子も便秘だったというママ多数!子供も便秘になってしまうんです!

便秘というと大人の女性に多いイメージですが実は子供にも意外といるということ。うちの子は快便というか産まれたときからよく出る子だったのであまり便秘で悩まされたことはありません。2歳ですが1日3~4回は出ています(笑)

便秘になるとうんちが出るときにおなかが痛くなったり出すときにうんちが固くなって踏ん張るのに力が入ったりしてしまうのか心配になりますよね。小さい子の便秘は何かと心配ですよね。

今回は赤ちゃんや小さい子の便秘の解消法を紹介します!便秘にならないように予防策も併せて紹介します!

どれぐらい出ないと便秘なの?

気になるのが何日出ないと便秘になるのか?という事ですが、3~5日の間うんちが出ていないと便秘の可能性があります。1~2日なら便秘の可能性は低いということです。

便秘になるとおなかがパンパンに膨れうんちも少量しか出ず固くなってしまうそうです。機嫌も悪くミルクやごはんもあまり食べずにすぐに戻してしまうそうなんです。ミルクやごはんがしっかりととれないとなると心配になってしまいますね。

便秘解消その1 マッサージ

では便秘になってしまったときの解消法ですが、簡単にママでもできるマッサージを試してみましょう!

赤ちゃんから子供まで効果のあるマッサージはお腹が張って苦しそうなときにしてあげましょう。

手の指先ではなく指の腹を使い手のひら全体で優しく時計まわりに「の」の字を書くようにマッサージしていきます。おへそを中心に大きな円を書くように意識していきます。

他のマッサージは両足を持ってやるマッサージです。仰向けに寝かせ子供の両足首を持ち左右に両足を動かします。ゆっくりと「右、左、右、左」というように歌を歌いながらやると子供も楽しめますよ!

足がおなかを押すことで腸が刺激され便秘解消につながるそうです。

便秘解消その2 浣腸

赤ちゃんや子供にも浣腸は有効です。少し抵抗がありますがあまりにも便秘が続く場合は試してみてはどうでしょうか?

浣腸といっても綿棒を使用する簡単なものなので安心ですよ。綿棒は少しほぐして使うと使いやすいです!

ベビーオイルやワセリンを含ませた綿棒を円を描くように肛門の1~2㎝のところを刺激していきます。おなかを少しつまむようにすると腹筋に力が入り出やすくなります。15秒程度行いそれでもでなければまた繰り返します。

市販で薬液を注入する浣腸も売っています。1歳未満から使えるものもありますよ。

便秘解消その3 食生活

便秘解消には水分補給も大切です。白湯や麦茶薄く溶いたミルクなどをごはんのときに十分に飲ませるようにしましょう。食べ物ではヨーグルトやフルーツのペーストなどを食べさせるのも効果的です。整腸効果のあるヨーグルトやバナナは積極的に食べさせたいですね!

そのほかにさつまいもやきな粉、納豆なども食物繊維が豊富で便秘解消につながる食べ物です。子供の便秘で悩んでいるママはさっそくごはんに取り入れてみると良いですね。

便秘にならないようにするには?

そもそも便秘にならないように気を付けることは、なんでしょうか。

デリケートな子供は親に叱られ追いつめられると便秘になる可能性があるということが分かったそうです。あまり叱らずに子供にストレスを与えないようにしたいものですね。

生活習慣では朝起きたらコップ1杯の水を飲ませ腸を動かしたあとに朝食をとるようにしましょう。必ず朝食は食べさせた方がいいですよ!

後は夜更かしをすると質の良いうんちが出にくく便秘につながりますので規則正しい生活習慣を意識することが大事です。

食生活では野菜を多めにとらせサラダなどを献立に加えるといいです。生野菜を嫌う子もいると思うのでその時は野菜スティックなどにして1本からでも良いので毎日の食卓に少しでも取り入れると良いですよ。


最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)