離乳食の基本を教えます!生きるために必要な大事な食事!完了期(生後12か月~18か月)


離乳食の完了

栄養源の大半は食事から!

1日3回の食事も慣れてくる頃で、食事のリズムや生活のリズムをしっかりと身に着けます。固形のものを噛んで飲み込めるようになり栄養源やエネルギーの大半を食事から摂る離乳食の完了期になります。

この時期はあまり母乳やミルクに頼らず食事を食べさせることに力を入れましょう。1歳を過ぎたら牛乳かフォローアップミルクを1日400mlほど飲ませるようにしましょう。

ご飯、汁物、おかずの三角食べを心がけ洋食より和食を心がけるようにしましょう

ご飯、パン、麺類など

食べられるものは3回食の時とほぼ変わりませんが歯茎で噛めるほどの粗さにします。80~90gが目安。

普通に炊いたご飯が食べられるようになります。ちなみに軟飯だと90gでご飯は80gが目安です。パンはロールパンなどにすると食べやすくなります。麺類は柔らかく茹で2~3㎝に刻んであたえます。

野菜や果物など

野菜と果物はほとんど食べられます。40~50gが目安。

野菜や果物はほとんど柔らかく煮れば食べられます。手に持ちやすくして、自分で食べる力を促しましょう。食材を切る時は1㎝角にします。

お魚やお肉、乳製品など

お魚とお肉は15g~20gが目安で豆腐は50~55gで卵は全卵1/2個で乳製品は100gが目安。

新鮮で薄めの味のものであれば干物も一口大にし食べられます。お肉はひき肉を固めた料理や脂肪の少ない薄切り肉を使用しましょう。卵は生卵以外食べられるので、オムレツや卵焼きといった卵料理を出してあげましょう。

ウィンナーやハムなどはこの時期からあたえても良いですが添加物や塩分の少ないものを選びます。

初めて食べるものは必ず1日1品1さじからあげていきましょう。

よく食べる子には午前中と午後2回におやつをあげます!

食事もよく食べ、食事の間にお腹が空くようなことがあるならおやつをあたえても良いです。しかし次の食事に妨げにならないように時間と量を気を付けましょう。

おやつといっても乳児用のビスケットや果物あるいはパンなど、糖分や塩分の少ないものを少しあげる程度にします。

しっかり食べてもらうポイント!

①無理に大人が食べさせようとしない

手づかみで食べる事が多く床やテーブルが汚れがちで、ママにとっては1番大変な時期かもしれません。しかし無理に大人が食べさせようとすると自我が出て嫌がったり食事に興味を示さなくなるので暖かく見守りましょう。

スプーンやフォークは無理に使わせようとせず、毎回出しておけば自然と興味を持って使うようになります。

②明るく楽しい雰囲気を作る

自分でしたがったり自我が強い時期なので、食卓でもたくさん話しかけ「何から食べる?」「これ美味しいね」などと子供に話しかけ明るく楽しい雰囲気で食べましょう。ママがたくさん美味しそうに食べれば、子供もつられて自然に食べます。

大人と同じものを食べたがる時期でもあるので、欲しがっても塩分の強いものや刺激の強いものはあげるのを避けましょう。

③哺乳瓶は使わず、コップに切り替える

食事が主なエネルギーになってくるので哺乳瓶は1歳半までには卒業させます。あまり哺乳瓶を長く使うと歯並びや虫歯に影響が出たりすると言われているので、コップ飲みに変えましょう。

離乳食完了期といってもまだまだ大人と同じ食事は早いです!

完了期で食べられるものが増えしっかり噛んで飲み込めるようになりましたが大人と比べて顎の力も弱く歯も数本しか生えていなかったり口も小さいので大人と同じ食事では負担がかかります。

大人より柔らかく茹で食材も小さく刻みます。ハンバーグや魚をそのまま出すとそのまま口の中に放り込んでしまって喉につまる危険がありますので、ある程度小さく切ってから出してあげましょう。

取り分け食が可能ですが味付けは大人と同じはなく薄味が基本です。味付ける前に取り分けて別々で味付けすると楽です。多めに作っておいて小分けに冷凍しておくといざというときにすぐ出せるので便利ですね。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)