離乳食の基本を教えます!生きるために必要な大事な食事!3回食(生後9か月~11か月)


離乳食(3回食)

歯茎を使ってカミカミの練習をします!1日3回の食事でリズムを掴みましょう

大人と同じように朝・昼・晩との時間帯とは少し違いますが、1日3回の食事が始まります。歯茎でつぶして噛む練習をしはじめ手づかみで食べ出したりと食事に興味をもって自分で食べようとします。手づかみしやすい食材や形のものを用意したり家族と一緒に食べたり食卓を楽しみましょう!

離乳食の進み具合に個人差が出てきます。

薄めの味付けなら大人の食事から取り分けも可能です!鉄分不足になりがちなので注意しましょう!

食べられるものは2回食の時とほぼ変わりませんが粗目にするなど少し歯ごたえを出します。80~90gが目安。

お粥、軟飯、パンなど

5倍粥の他に柔らかめに炊いた軟飯も食べられるようになります。ちなみに5倍粥だと90gで軟飯は80gが目安です。パンは小さくしパン粥にして食べさせたりします。麺類は柔らかく茹で1~2㎝に刻んであたえます。

野菜や果物など

食物繊維の多い野菜以外は大体食べられます。30~40gが目安。

野菜や果物はほとんど柔らかく煮れば食べられます。茹でてスティック状にしたにんじんや大根などを食べさせても良いです。手に持ちやすくして自分で食べる力を促しましょう。

赤身の魚やお肉、レバーなど

鉄分不足になりやすいので赤身の魚やお肉レバーなどを献立に入れるように意識します。お魚とお肉は15gが目安で豆腐は45gで卵は全卵1/2個で乳製品は80gが目安。

さんまやアジは十分に加熱してあたえます。小骨がある魚には注意してください。お肉はレバーも豚も牛も食べられるようになりひき肉状にして調理します。全卵を使えたらマヨネーズを使用しても良いです。

チーズは塩分がや脂肪分の少ないものをおかゆに入れて食べさせると良いです。

初めて食べるものは必ず1日1品1さじからあげていきましょう。

4時間おきの食事を心がけます。10時、14時、18時が理想です!

一緒にご飯

朝と昼は少し時間がずれますが18時の夕食は一緒に家族で食べられるのではないでしょうか。パパがいなくてもママだけでも一緒にご飯を食べ、美味しい表情を見せたり赤ちゃんの前でパクパク食べれば自然に食事に興味を持ち出すはずです。

食卓を家族で囲む楽しさを教えてあげます。お休みの日にはパパも一緒に少し早めの夕食でも良いかもしれませんね。

3回食になると朝と昼の間におやつの時間ができますが無理に食べさせなくても良いです。もしあげるとしたら赤ちゃん用のおせんべいやビスケットか果物などをあげましょう。

赤ちゃんに食事をしっかり食べてもらうポイント!

①赤ちゃんの意志で食べるのを待つ

自分で食べたがる時期なので食材は1品ずつ出すのではなく同じトレーに乗せて出しましょう。ママがせかしてスプーンでお口に持っていくのではなく少し待って赤ちゃんが自分で食べ出すのを待つと良いかもしれません。

じっと見てなんだろう?と考えている時間かもしれません。自分の意志で食べるようになれば食べる意欲が育ちます!

②食べ物の固さを調節する

前歯が生えてる子もいますし歯茎でかむのでバナナぐらいの固さのものは食べれますが、赤ちゃんが口から出したら食材が固すぎるというサインかもしれません。出したものを観察して、次はもう少し柔らかく茹でるなど改善しましょう。

③食べやすいように量を調節する

手づかみ食べは色々な食材の感触や形を手で確かめ覚えていくことに繋がります。前歯で自分の一口に合った量を噛みとる練習にもなるので食べやすいように工夫します。

野菜はスティック状でご飯は喉につまらないよう小さなおにぎりにして出します。

味覚が発達していき赤ちゃんも少しグルメになります

3回食ともなれば様々なものが食べられるようになり味付けも物足りなさを感じる子もいるかもしれません。

市販のホワイトソースやコンソメなどをフル活用し味付けも変えていきましょう。様々な味を経験させてあげる事も大事ですよ。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)