離乳食の基本を教えます!生きるために必要な大事な食事!2回食(生後7か月~8か月)


離乳食

舌を使ってモグモグします!離乳食開始から1か月ほど経ったら2回食にします!

食べ物の興味がますます出てきて1日2回の離乳食の開始です。食事のリズムをしっかりつけていき3回食に向けて色々な食材・味に慣れさせていきます。舌ざわりを楽しめるような食材を用意しましょう。

うどんやそうめんお肉など食べるものが広がっていきます

今まではつぶしがゆが主食でしたが、2回食にすすむと麺類が食べられるようになり、レシピの幅も広がります。50~80gが目安。

お粥やパン、麺類など

5倍粥にし舌でつぶせる固さにします。パンは小さくしパン粥にして食べさせたりします。麺類は柔らかく茹で米粒ぐらいに小さく刻んであたえます。

野菜や果物、海藻など

野菜に加え果物も少しずつあたえましょう。海藻類も食べさせられます。20~30gが目安。

ニンジン、かぼちゃ、大根、玉ねぎ、トマトなどを茹で粗目にすりつぶします。果物はりんごなどをおろしたり小さく刻んであたえます。海藻類はワカメなどを茹でて、小さく刻んでつぶしがゆに入れたりしてあたえます。

お魚や卵など

白身魚・豆腐の他にお肉、卵、乳製品を新しくあたえていきます。お魚とお肉は10~15gが目安で、豆腐は30~40gで、卵は卵黄1~全卵1/3個で、乳製品は50~70gが目安。

白身魚に慣れたら赤身魚もあげましょう。お肉は鶏ささみから始めひき肉状や冷凍し、すりおろしてから調理すると食べやすいです。卵は始め固ゆでの卵黄を使い慣れてきたら完全に火を通した全卵を使っても良いです。

ヨーグルト

ヨーグルトはプレーンタイプをあたえましょう。すりおろしたりんごを入れると食べやすくなります。

初めて食べるものは必ず1日1品1さじからあげていきましょう。

2回目は何時にあげるべき?量は1回目と同じで大丈夫?

時間

1回目は午前中の授乳前が好ましく2回目は18時など夕方にしましょう。なるべく2回とも同じ時間帯にあげるように心がけ食事のリズムをつけていきます。

食事量は1回目と2回目も同じ量で大丈夫です。

食事を赤ちゃんにしっかり食べてもらうポイント!

①しっかりと座らせて安定した姿勢で食べさせる

このころは1人でお座りも出来て安定してきますのでベビーチェアを使った方が赤ちゃんも落ち着いて食べられます。座ったときに床やベビーチェアの補助版に足がちゃんとついているか確認してください。

足がふらついているとアゴや舌に力が入らず、ちゃんと食べてくれない時があります。しっかりと座らせ安定した姿勢で食べさせましょう。

②赤ちゃんのペースに合わせる

食べる量が増え食材も増えるので、焦ってママはどんどん赤ちゃんの口に入れがちですが、むせたりと危険なのでやめましょう。赤ちゃんがしっかりとモグモグし飲み込んだらゆっくり次の食材を口に入れてあげましょう。

赤ちゃんのペースに合わせることが離乳食を嫌がらせないポイントです。

③奥にスプーンを入れすぎない

赤ちゃんの口はとても小さいので、奥にスプーンを入れ過ぎないように注意します。舌の真ん中より奥にスプーンがいかないようにしましょう。奥までいくと、これもまたむせる原因になり危険です。

お出かけやママの体調が悪い時は無理せず市販のものに頼りましょう!

2回になると一気にママの負担が増えます。思うように食べてくれなくてイライラしたり悩んでしまうのもこの時期です。お出かけも増えるのでもし離乳食の時間帯に外出していたら市販のベビーフードを活用しましょう!

ベビーフードは安心安全で持ち運びやすい!

今のベビーフードは安全安心で持ち運びも楽なので嬉しいですよね。ママの体調の悪いときは無理して作らず事前にベビーフードをストックしておくとこういう時に役立つので「全て手作りで」とあまり考えずに楽してたのしみながらママも離乳食を進めていきましょう!

私も実家に帰った時などよく利用していました。実家には離乳食を作るキットも小さい冷凍用のパックもないので、市販のものをあたえていましたが、よく食べてくれましたよ。

手作りではなくても愛情はしっかりとお子さんに毎日伝わっているはずですよ。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)