離乳食の基本を教えます!生きるために必要な大事な食事!1回食(生後5か月~6か月)


離乳食

初ママ必見!離乳食とはなに?

離乳食という言葉は独身の時から知っていましたが赤ちゃんが食べるとろとろとしたおかゆでしょ?ぐらいしか知識はありませんでした(笑)

私の姉の子が産まれ、すり鉢みたいなのにほうれん草をぐりぐりやっていて、夜な夜な離乳食のストックを作っているのを見て何だか大変そう!て思っていましたが、睡眠時間もしっかりと確保できていないのに今度は離乳食の準備もするんだ~・・・とお母さんて大変だなって感じでまるで他人事だったんですよね。

離乳食は食べ物から栄養を摂る為の練習期間

娘の寝かしつけが終わると、娘と一緒に夜中の授乳まで寝ちゃいたいなぁ・・・といつも格闘していました。でも、頑張って起きて離乳食をぐりぐり作っていました。離乳食ってとても大事なんです!

今まで赤ちゃんはミルクや母乳で栄養を摂っていましたが、徐々に食べ物を噛んで飲み込み、ミルクや母乳からではなく食べ物で栄養を摂っていく為のいわば練習期間なんです。少しずつ食べる食材を固くしていって量を増やしていきます。食事の楽しさを教え「自ら食べる力」を育むのです。

始めるタイミングは?いくつかの条件が合えば開始します!

生後5.6か月が適当と言われていてまず1日1回から。条件というのは、

①首がしっかり座っている

②支えると座れる

③食べ物に興味を示す

④スプーンやフォークを口の中に入れても押し出さない

この条件に全て当てはまれば離乳食開始しましょう!

最初に口に入れるものは?どれぐらいとろとろにする?

一番最初の離乳食

つぶしがゆ1さじからスタートです。食べられそうだったら2さじ3さじと増やしていきます。10倍粥をさらにつぶしポタージュ状にしたもの。慣れてきたらつぶし方を少し粗目にしていきます。

離乳食を始めて1週間ほど

始めて1週間ほど経ったら野菜を1さじからあげます。食べられそうだったら2さじ3さじと増やしていきます。ニンジン、かぼちゃ、大根などを茹ですりつぶします。

離乳食を始めて15日ほど

始めて15日ほど経ったら白身魚・豆腐を1さじからあげます。食べられそうだったら2さじ3さじと増やしていきます。タラや塩抜きしたしらすをゆでてすりつぶしとろみをつけます。豆腐は茹でてすりつぶします。

※初めて食べるものは必ず1日1品1さじからあげていきましょう。

決まった時間になるべく午前中にあげましょう

子供の機嫌や健康状態が良い時にあたえます。なるべく午前中の授乳前にしましょう。もしアレルギー反応が出た場合午後などに病院に行けるのでできれば午前中決まった時間にあげるようにします。

どんな姿勢で食べさせる?

まだ一人でしっかりとお座りできない子もいるのでママの膝の上で食べさせても良いですしイスに座らせて食べさせても良いです。離乳食の時間も少しなので膝の上でも問題なさそうですよね。

私はバンボに座らせて食べさせていましたが、特に嫌がることもなくパクパクと食べてくれました。吐き出してしまう子もいますので、ティッシュやガーゼなどをそばに置いてすぐに取れるようにしておきましょう。

もし食べなくても大丈夫!ゆっくりと進めていきましょう。

この時期の栄養はミルクや母乳ですので、全く食べてくれなくてもあまり気にすることはありません!無理に食べさせてしまうと食事自体が楽しくなくなって嫌になってしまうので無理強いはやめましょう。

まだ「食事が楽しい」という事を教えるのと、「液体以外のものを飲み込む」練習期間ですので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。ミルクや母乳は欲しがるだけ飲ませて大丈夫なんですよ。

もしかしたら、スプーンを替えてみたり時間を1時間ずらしたりするとパクっと食べてくれるかもしれません。赤ちゃんも初めての事なので少し戸惑っているのかもしれませんね。その子なりのペースで様子を見ながらゆっくりと進めていきましょう。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)