旅行や災害時の避難所でも便利な使い捨て「哺乳瓶」て知ってますか?


哺乳瓶

使い捨て哺乳瓶とは??

みなさん知っていますか?私は名前だけ知っていて確か海外でよく使用されるということしか知りません。私の周りでは誰も使用している人がいません。

日本ではまだなじみがありませんですがインターネットでの販売が主なのでしょうか?それともどこか店舗でも売っているのでしょうか?気になる「使い捨て哺乳瓶」についていろいろと調べてみました。

海外では定番の育児アイテム!消毒いらずの「使い捨て哺乳瓶」

ヴィクトリア・ベッカムをはじめたくさんのママが愛用しているという「使い捨て哺乳瓶」。哺乳瓶は毎回消毒液に浸したりレンジを使って加熱消毒したりするのは面倒ですよね。

1日に何度もミルクを飲む赤ちゃんですのでママの負担も毎日大変です。それに旅行や長時間の外出の時にわざわざ消毒液を持参するのは困難です。そんなときは「消毒不要」「軽い」「簡単」な使い捨て哺乳瓶が良いかもしれません。

消毒いらずなのですぐにほしがった赤ちゃんにミルクをあげられますし飲み終わったら家まで持ち帰ることなく捨てていけるので荷物も軽くなって良いですよね。

赤ちゃんとの外出はとっても大変!

赤ちゃんとの外出は大荷物で大変なので軽くて飲み終えたら捨てていけるのはほんとうに便利です!授乳のストレスを軽減させてくれるアイテムです。

パパにお世話を頼む際も使い捨て哺乳瓶を使ってもらうようお願いしとけば消毒の仕方などいちいち教えなくて良いので楽ですね!

今思えばこれを使っていたらどんなに楽かと思います(笑)

使い捨て哺乳瓶はどこで買うことができる?値段は?

steri-bottle(ステリボトル)

有名なイギリス生まれの使い捨て哺乳瓶「steri-bottle(ステリボトル)」。こちらは5本で税抜き1500円です。少し割高ですが旅行時や長時間の外出の時に使用するぐらいならこのお値段全然アリです!1個あたり29gと軽くコンパクトに重ねられるので荷物もかさばりません。

chu-bo!

よく見かける「chu-bo!」。一つずつ個装になっておりお値段は税別300円です。形が変わっており蛇腹式になっていて目盛りがわかりやすく赤ちゃんの首の角度に合わせて自由に曲げることができます。

他にもアメリカ生まれの使い捨て哺乳瓶などたくさんあります。日本も定番になる日がくるのでしょうか?

お馴染みの赤ちゃん本舗や西松屋でも売られていますが店舗によっては仕入れしていない場合もあるようです。インターネットの楽天やアマゾンでは売られているので安心ですね!

いざというときに!災害時の備えとして

もしもの時にあると便利な使い捨て哺乳瓶。災害時には消毒できない可能性も大いにあるのでそんなときは開封してすぐ使える哺乳瓶があると便利ですね。

いつも母乳のママもストレスや体調不良で母乳が出なくなる場合もあるので何本か用意し備えておくことが大事かもしれません。

まだ母乳やミルクだけで生きている赤ちゃんにとってミルクが飲めなくなってしまうことは一大事です!事前にしっかりと備えておきたいですね。

乳首が変わると飲まないという子にも安心な「使い捨て哺乳瓶」があります!

いつもと違う哺乳瓶じゃないと飲まないという子もいますよね?そんな子でも使える「使い捨て哺乳瓶」あります。アメリカ生まれの「マザーボトル」です。こちらは乳首部分を交換して使うことができます。乳首は消毒しなくてはいけませんが哺乳瓶を何本も持ち歩く必要はありません。

専用のマザーボトルに取り換えパック(ドロップイン)を入れて使います。取り換えパックは50枚で税込1080円ですので経済的ですね。

日本でよく使われている母乳実感の乳首にも使用できるそうなので普段飲みなれている乳首で飲めるのは赤ちゃんにとって安心しますよね!

他の「使い捨て哺乳瓶」と違い少し手間はかかるものの哺乳瓶や消毒液を持ち歩くことを考えると随分楽になりますね。これからゴールデンウィークで帰省する予定がある人や旅行に行く予定がある人にオススメです!

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)