意外と知らない○○アレルギー!!


マスク

卵やお蕎麦は有名だけどこんな食べ物もアレルギー?

気をつけたいのが子供の食物アレルギーですよね。ハチミツや卵はアレルギーがあるのである程度の月齢になるまでは食べさせない方がよかったりします。
アレルギー反応が起きると蕁麻疹や呼吸が苦しくなったりと重症化してしまう場合もあります。そこで知っておきたい食物アレルギーについてまとめました。意外と知らないものもあるのでこの記事をきっかけに頭に入れておきたいですね!

アレルギー反応とはどういうもの?判断は?

人間に体には免疫というものがあり本来は外から入ってくるウイスルや細菌から守ってくれるという働きをしてくれます。しかし本来は害のないものを過剰に反応しかえって体に害を起こす事をアレルギーといいます。

アレルギー反応はこういった症状がでます

のどのかゆみ、目のかゆみ、充血、咳、呼吸困難、くしゃみ、鼻水、皮膚のかゆみ、じんましん、湿疹、腹痛、嘔吐、下痢、便秘

アレルギーは花粉症やぜんそくアトピーなどありますが、なかでも食物アレルギーは赤ちゃんに多く10人に1人と言われています。決して他人事ではないですよね。

なぜ赤ちゃんに多いかというとまだ消化機能が未熟で食べ物に含まれるたんぱく質をうまく分解できないため、大きな分子のまま吸収してしまうんです。そのためにlgE抗体が作られアレルギー反応を起こすのです。

怖いのが激しくでるアナフィラキシーというアレルギー反応です。アナフィラキシー急激な血圧低下で意識を失うなどのショック症状も1割程みられる為とても心配な危険な状態になってしまうんですね。

赤ちゃんの食物アレルギーは消化機能の成長に伴い治っていく場合もあります!

ナッツアレルギー

ピーナッツ、カシューナッツ、くるみ、アーモンドといったナッツでアレルギー反応を起こす人がいます。どのナッツで起こすのかは人により違いますが、重篤化しやすい為気をつけておきたい食物です。

初めて食べさせる時は注意しながら食べさせましょう!特に何歳から食べさせるといった推奨はなく、2~3歳を過ぎた頃にしましょう。

卵や牛乳やお蕎麦ほど症例は多くないのであまらり知られてないアレルギーですが、過去にアナフィラキシーショックが起きた事例がありますので親がしっかり管理してあげたいですね。

小麦アレルギー

小麦アレルギーは割かし有名だと思いますが、小麦ということはパンといった小麦製品が食べれないので大変です。学校の給食には必ず出てくるし赤ちゃんの頃から離乳食やおやつで食べるパンを食べさせられないとなると頭を悩ませますね。主食はパンや麺ではなくお米を中心にしたメニューを考えなくてはいけません。

症状としてはじんましん、湿疹、咳、下痢、呼吸困難などだそうです。成長とともに症状が軽くなる場合もあるので、症状の具合によりますが小麦はエネルギーにかわる大事な主食ですので低アレルギー食品や加熱加工をしたりして上手に取り入れたいですね。

娘はツナアレルギー?・・・結果違いました

1歳前に缶詰のツナを離乳食で出したのですが赤いポツポツが数時間後に出てきたのです。思い当たるフシははじめて食べさせたツナしかなく、もしかして!と思い調べましたがやっぱり分からない・・。

症状もそんなに激しくないので様子見て明日まだ出ていたら小児科に連れて行こうと思いその日は寝ました。朝起きるとまだ赤いポツポツがあります!よし!先生にみてもらおうと小児科に向かいました。

結果ただの湿疹と言われ保湿剤をもらいました。2.3日でポツポツも消えたのでよかったのですが、一応ツナは数か月避けていました!2歳前ですが食べさせてみても特に症状は出ないので本当に違ったのだと思います。

素人目では分からないので気になる事があれば何でも小児科で見てもらい先生に質問した方が良いですね。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)