生後8か月の体重・身長や成長のあれこれ☆


生後8か月

両手が自由に使えハイハイができ自己主張が強くなるころ!

生後8か月になるとハイハイを始める子も出てきて首のすわりから始まった成長の発達もだんだん下半身へとうつってきます。しかしハイハイができる子とできない子もいて成長の個人差では約3か月違うそうなのでまだハイハイしていなくても焦らなくて大丈夫です。

両手が自由に使え手の機能がますます発達してきます。押す・引く・握る・つかむといった動作ができてきて遊びの幅が広がる時期ですね。

身体だけでなく情緒も心も発達してきますので少しずつ自己主張してくるようになります。

身長や体重はどのくらい?

男の子→身長66.3~75.0cm  体重7.0~10.1kg
女の子→身長64.4~73.2cm  体重6.5~9.6kg

洋服のサイズや種類は?

生後8か月はハイハイをし始める子もいるので服がはだけやすくなります。サイズ選びが重要になるのですが、柔らかい素材の動きやすいものが良いでしょう。

洋服のサイズ→70
靴下のサイズ→9~12㎝
帽子のサイズ→46㎝

季節別の室内とお出かけの時の服装です。参考になさってください!

室内→かぶり式ボディ+トップス&オーバーオール+ベスト(調整)
外出→かぶり式ボディ+セパレート+厚めのカーディガン・靴下・帽子

夏※赤ちゃんはよく汗をかくのでこまめにお着替えさせます。

室内→ランニングボディ+セパレート
外出→セパレート+帽子+カーディガン(調整)

室内→かぶり式ボディ+セパレート+ベスト(調整)
外出→かぶり式ボディ+セパレート+アウター・靴下・帽子

室内→かぶり式ボディ+トップス&オーバーオール+ベスト(調整)
外出→かぶり式ボディ+暖かいセパレート+ジャンプスーツ・靴下・手袋

生後8か月でどんな事ができる?

ハイハイができたりおすわりも安定するので、さらに行動範囲が広がり好奇心が育てられる時期でもあります。自己主張も出てくるので対話が楽しくなります。ママもまだ分からないだろうなとは思わずに何でも良いので話しかけてあげてください。

つかまり立ちをする子も出てくると思うので赤ちゃんはバランス感覚がまだ未熟なので急にしりもちついたり転んでしまったりします。つかまり立ちしたら近くで見守り、柔らかいクッションなどを用意しておくと安心ですね。

生後8か月の赤ちゃんの生活リズムは?

授乳間隔と飲む量

授乳回数は4時間ことになり1日4回が目安になります。必ず離乳食の後に飲ませるようにしてくださいね。離乳食より先に飲ませてしまうとお腹が満たされ離乳食の進みが悪くなります。

まだ栄養源は60~70%で母乳やミルクですのでしっかり飲ませましょう。

睡眠

1日に13時間ほどです。午前中に1回午後に1回と計2回お昼寝をする子がおおいです。

毎日の活動的な過ごし方で刺激が多く、夜泣きをしてしまう赤ちゃんも多いと思いますが、その場合はお昼寝を避け夜早めに寝かせて途中で目を覚まさせないようにすることも良いでしょう。

夜泣きが続くとママの体もしんどいのでパパがいるときは交代してもらったり家事もある程度のとこでやめ休めるときに休みましょう。

オムツタイプを変更して楽にオムツ替え!

今まではねんねだったのでテープタイプを使っていた家庭も多いと思いますがハイハイやつかまり立ちが始まると自分である程度動けるのでとにかくじっとしていません。

オムツ替えの最中にもくるっと寝返りして気になるものにまっしぐらという赤ちゃんも多いですよね(笑)

ママは1日何度もオムツ替えをしますので毎回追いかけるのが大変です!そこでテープタイプからパンツタイプのオムツを検討してみてはいかがでしょうか?

テープを止めるわずらわしさがなく、簡単に履かせるだけなので今までより楽になりますよ。赤ちゃんのいつも使っているものが今までのものと変わると成長を感じられますね。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)