1歳6か月の体重・身長や成長のあれこれ☆


歯ブラシ

小走りができるようになったり近所の公園までなら歩いて行けます!

1歳6か月にもなると歩き始めるのが早い子は小走りができるようになり、力強く歩けるようになります。近くの近所の公園やコンビニまでなら歩いて手をつないでいくこともできます。ただ、まだ手をつないでくれない子やすぐに歩くのをやめて抱っこをせがむときもあります。

興味が散乱しているので道に咲いてる花や猫や犬など興味があるものには突進していき座り込んだりしてしまうので目的地までいくのに通常の何倍もかかってしまいます。お散歩もひとつの遊びだと考え、大人もあまり急かさずに付き合ってあげましょう。

手をつないでゆっくりでもずっと歩いてくれたら楽ですが途中で抱っこになってしまった時のことを考えるとベビーカーはまだ必要だと思います。10㎏近い子をずっと抱っこは大変なのでいざという時に必要ですよ。

身長や体重はどのくらい?

男の子→身長75.6cm~85.9㎝  体重8.70kg~12.47kg

女の子→身長73.9cm~84.2㎝  体重8.05kg~11.77kg

自分でやりたがったら尊重してやらせてみましょう!

しっかりと自分の意見を主張してくるのでなんでも自分でやりたがったりします。ごはんを食べるときは自分でスプーンやフォークを持ちたがり大人が食べさせようとするとプイ!として食べなかったり。

何でもかんでもやってあげると、自分でやりたいとういう気持ちが成長しませんので尊重してあげて暖かく見守りましょう。

ご飯の他にお着替えや歯ブラシも自分でしたがるので少し自由にさせてみるのも良いかもしれません。歯ブラシはつまずいて転ぶと危険ですので必ず喉つき防止の歯ブラシにしましょう。目を離さないように注意してください!

1歳6か月の言葉はどれぐらい話せる?

よくお話する子は意味のある単語を10個ぐらい話すようになります。まだ言葉が出ない子にはたくさん話しかけ外にどんどん出してあげましょう。大人がどれぐらい話しかけてるのかにより違いが出てきます。

家族間の中で会話が少なかったりすると言葉を聞くチャンスが少ないので言葉の発達が遅いそうです。たくさん会話を聞かせたり話しかけてあげる事が本当に大事なんですね。

兄弟でも下の子は発達が早いと言いますが上の子がいると必然的に昼間でも言葉を聞くチャンスが多いので言葉の発達も上の子より早いのかもしれませんね!

1歳か6か月の子供の生活リズムは?

食事の量

奥歯や糸切り歯が生えてくる頃なので噛む力もついてきます。今までの柔らかいものから徐々に硬めのものに変化していき噛むトレーニングを始める時期です。自分で食べたがるので食事のたびに床が汚れテーブルも大変な事になりますが成長の証と思って割り切りましょう!

睡眠

お昼寝は1回きりにし夜にまとめて眠れるように工夫しましょう。2回のお昼寝がやめられない時はおもちゃや他の事で興味をひき眠気をコントロールしてあげると良いですよ。

1歳半検診の時期です

地域でまとめてやる集団検診が多いと思いますが体の発達や言語の発達が知れる大切な機会ですので是非参加しましょう。1歳半検診では初めて歯の検診もあります!

歯並びや虫歯の有無なども見てくれフッ素を塗ってくれる地域もあります。1歳半では平均で12本ほど生えますがもう立派に自分の歯で食事をできるころですよね。歯はとっても大切なので1歳半検診でみてもらい心配な事は相談するようにしましょう。

言葉がどれぐらい出るのか、指さしはできるか、積み木は積めるのかなどチェック項目がいくつかありそこで成長の発達を見るようです。1歳半の子が集まるとそこは動物園のように騒がしいです(笑)

自分の子が大人しくできるのか泣かないかなどの心配はいらないと思います。みんな元気に騒いでいるので気にしなくて大丈夫です(笑)

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)