1歳5か月の体重・身長や成長のあれこれ☆


スナック菓子

お友達の名前が言えるようになったり社会性が身についてきます!

1歳5か月頃になると名前を呼んだら反応したり「ハーイ」とお返事ができるようになってきます。手をあげてお返事したりおもちゃで遊んでいても振り返ってお返事してくれるようになります。

いつも一緒に遊んでるお友達の名前も理解し、早い子ではお友達の名前を呼べる子もいるようです。その他には兄弟や家族の名前もパパママ以外に呼べるようになってきます。

しかし名前を呼べるからといってお友達と仲良く遊ぶのはまだ先なようです。まだまだ自我が強く自分の事しか見えません!

その他には、歯も大分生えそろいイタズラもたくさん!ごはんでは好き嫌いが出てきたり献立に悩むお母さんも多いです。

身長や体重はどのくらい?

男の子→身長74.8cm~84.8㎝  体重8.53kg~12.23kg

女の子→身長73.0cm~83.2㎝  体重7.90kg~11.55kg

簡単な手遊びを毎日の遊びに取り入れましょう!

1歳5か月にもなるとお外でのお散歩や公園遊びなどが楽しくなりめいっぱい体を動かして遊ぶと思いますが、室内で過ごす時間も多いですよね。一人で静かに遊んでる場合もあればママにまとわりついてきたり・・・(笑)

どうやって遊べばいいのか悩んだら手遊びなんていかかでしょう?これぐらいの子供は喜び食いつくはずですよ!簡単な手遊びを歌に乗せて歌いながら遊んでみると真似してきますよ。

まだ上手にはできませんが一生懸命真似して可愛らしい一面が見れますね。手をパチパチ叩いたり頭やおなかに手をあてたり真似しやすい手遊びを取り入れるのも良いですね。

無理に時間を作る必要なく、お風呂の時間や寝る前などにしてあげるのも良いと思います。

1歳5か月の言葉はどれぐらい話せる?

自分の名前を理解してくるのでお返事も上手になってきます。お返事の「ハーイ」ができない場合は「お名前呼んだらお返事ハーイてしてね」など教え込むといつの間にかお返事してくれるようになります。

お友達の名前も呼べるようになるので遊ぶときは「○○ちゃんと遊ぼうね」などと声をかけお友達の名前を教えてあげましょう!

1歳5か月の子供の生活リズムは?

食事の量

栄養はほとんど食事から取り入れるようになってくるので毎日の食事はとても大切なものになっていきます。好き嫌いが出る子も多くトマトやチーズやヨーグルトを食べなかったりママは困ってしまいますよね。

ある程度色んな調理法を試してみましょう。気分もあるので昨日は食べなかったのに今日は食べるという日も出てくると思います。

根気がいりますが食べなかったからといってずっと食卓に出さないのはやめて定期的に出して食べるか様子みましょう。

おやつはスナック菓子は虫歯の原因にもなりますので、なるべく食べさせないでその子には何が足りてないかを判断し、あくまで足りてない栄養を補うという事を忘れずに。おやつはなるべく時間を決めてあげると良いでしょう。

睡眠

夜泣きがおさまらない子は昼間のお昼寝の時間を見直す必要があります。2時間以上寝ていたら夜の寝つきも悪くなり夜泣きに繋がってしまいますので、できれば2時間以内が理想です。短いお昼寝でしたら午前と午後に1度ずつでも良いでしょう。

夜まとめて寝てもらった方が子供にとってもママにとっても体がしっかりと休めて良いですよね!

かんしゃくやイタズラは成長の証!周りのサポートを受け乗り切りましょう!

自己主張が強くかんしゃくを起こされるとこっちはへとへと。それが毎日のように続くのでストレスたまりますよね。イタズラもすることが増え、イライラする毎日を過ごしているかもしれません。

しかし、それも成長の証で裏を返せば「こんなことができるようになった!」「頭を使ってこんなことするようになった!」「嫌なものは嫌だって伝えられるようにった!」と思えば感慨深いです。

ずっと寝たきりで、たまに泣くだけの赤ちゃんがこんなに成長して自己主張できるようになったんですよね。しかしストレスはたまるもの・・・周りのサポートも受け発散できる日は少し発散してこの大変な時期を乗り越えましょう。

きっとあっという間に過ぎて行ってしまうんでしょうね。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)