子育てコラム

一人で子育てするのってとっても大変ですよね。友達や親と情報交換するのもなんだかおっくうで・・・。KodomoPartyでは、子育てに役立つ情報を発信しています。息抜きがてら子育てコラムを読んでみてくださいね。

子供の落書きやシール・・・慌てないで!正しい落とし方とは?

2017年12月5日

子供のイタズラでクレヨンで落書きされた!なんて経験ありませんか?

子供はよくイタズラします!少し目を離したすきにクレヨンでフローリングに落書きされたなんて経験ありませんか?

あとはシールをべたべたとどこにも貼ってしまったり・・・。子供って本当にシールが好きですからシールを渡すとそこにあるシールを全部貼ろうとしますよね?テーブルやタンスやベッドなどあらゆるところにシールが(笑)

こんな子供のイタズラに対処する方法をご紹介します!知ってて絶対に損しないですよ。落とし方や剥がし方を知っていれば子供のいたずらにも少し寛容になれるかもしれません・・・(笑)

子供が一人遊びをすると良い理由とは?一人遊びさせるコツとは?

2017年12月1日

実は一人遊びは脳の成長にとても良かった!

子供は一人でおもちゃで遊んだり絵本をペラペラとめくったり一人遊びをするようになります。個人差もあり一人遊びをしてくれる子と何をするにもママと一緒が良いという子もいます。しかし一人遊びにはこれから集団生活を経験する子供にとっては良い面がたくさんありました!

一人遊びをしてくれなくてママにべったりというお子さんでも一人遊びに慣らしていけば大丈夫ですよ。そんなコツと一人遊びがもたらす良い影響を紹介します。

誤飲と誤嚥(ごえん)の違いとは?身近な食べ物で起きてしまう事故!

2017年11月30日

誤嚥を知っていますか?誤飲とは違うけど危険!

みなさん誤嚥という言葉を知っていますか?ごえんと読みます。

誤飲とは違うんです!誤飲は食べ物以外のものを飲み込んでしまうこと。誤飲に多いと言われているのが例えば電池ボタン、タバコ、医薬品、指輪、洗剤などと言われています。

誤って飲み込んでしまうと化学物質や医薬品などで強い中毒性を引き起こす可能性がありとても危険です!子供が生まれると一度は誤飲には気を付けましょうというのを病院の冊子や雑誌などで目にしたことだと思います。
家庭でも十分気を付ける必要がありますね!

では誤嚥とはどういう症状のことをいうのでしょうか?誤嚥とは、食べ物がうまく飲み込めずに食道ではなく気管に入り込んでしまうことを言います。大変危険なのが窒息をしてしまう可能性があるため生命の危険を伴います。

厄介なのが誤飲にはトイレットペーパーの芯の39mmのものは赤ちゃんの口に入れると危険という目安があります。しかし誤嚥はその目安もなくどんな食べ物でも起こりえるということです。そしてどの年齢でも引き起こしてしまうのです。

プレママ必見!育児日記をつけた方がいい理由!

2017年11月29日

育児日記(レコーディング日記)とは?

レコーディングというとレコーディングダイエットを思い浮かべる私ですがダイエットだけではなく育児にもレコーディング育児といいます。
レコーディング育児とはその日の授乳回数、授乳量、お昼寝、就寝時間、オムツなどを記載して記録していきます。

専用の育児日記につけているママ、アプリに記録しているママ、普通のノートにつけているママとそれぞれだと思います。
私は出産した産院で赤ちゃんの記録のために授乳量や授乳回数、オムツ、ねんねした時間を書くように指導されました。

退院するまではそれが日課でつけることも困難ではなかった為、赤ちゃんと私のために家に帰っても続けようと思いました。入院中に粉ミルクの会社から頂いた育児日記で続けてみることに。その育児日記が終わっても新しく育児日記を買い卒乳する1歳まで続けました。

育児日記をやめても毎日の赤ちゃんの生活を記録していたのでいざやめて記録しなくなると本当に記録しなくていいのかなと不安な気持ちにもなりました(笑)ただ記録しないことが楽に感じ始めそれ以降は「初めての熱」や「歩いた日」など大事な日は母子手帳に記録しています。

スマホの写真や動画を見返せばある程度の成長は分かりますが、レコーディング育児のメリットは沢山あります!
今回はレコーディング育児がなぜ良いのかまとめます♡

インフルエンザの予防接種受付開始!もう打ちましたか?

2017年11月22日

今年も予防接種でしっかりと予防しましょう!

今年ももうこんな季節か~と思ってしまいました。理由は10月になるとインフルエンザの予防接種がどこの病院でも続々と開始されるからです。まだ私も子供も打っていませんが10月中には打っておこうと思っています。

私の子供は2回目となる予防接種です!インフルエンザの予防接種は少し痛いので子供にとっては本当に試練ですね・・・。私も注射は苦手なので毎回ドキドキしてしまいます(笑)

しかし予防接種を打っておくと人混みに行っても気持ちは少し安心。お出かけや旅行の予定があってもやっぱり少し安心。なので我が家は家族全員予防接種を受けるようにしています。

親の私たちがなっては大変ですからね!

今回はインフルエンザの予防接種の費用や効果、副作用についてのお話です。

お子様セットは何歳から食べさせる?外食して楽したいママへ!

2017年11月21日

ご飯

出かける時まで子供のご飯を持参したりするのは少し面倒…

子供が1歳まではまだまだ離乳食でお店に持ち込んだりしているママも多いと思います。食事の時間を避けそもそも外食をしないというママもいるのではないでしょうか?

ただ上に子供がいる場合はファミレスでご飯を食べる機会もあり、その時下の子のご飯はどうしていますか?離乳食完了期ならお子様セットを頼みますか?

それともママやパパが子供に食べさせても良いようなメニューを選び取り分けていますか?
私の場合は最近ではお子様セットを頼むようになりましたが、2歳を過ぎてからです。

理由は全て食べ切れるわけではないですけどおもちゃがついてきたり子供用に塗り絵や冊子などが貰えることです。大人しく食事の間座っていてくれることはまずありません。そのためおもちゃやキャラクターの冊子などで遊んでもらいこちらはゆっくりとご飯を食べる事ができるからです。

アンパンマンやドラえもんなど子供が大好きなキャラクターのお子様セットがあるので食い付きもよく助かっています。
ただ一般的に何歳からたのんでいるのか栄養面はどうなのか気になりますね。

今回はお子様セットをいつから頼みそして気になる栄養面はどうなのかを調べました!

0歳から「足育」が必要なわけとは?子供に多い足トラブル・・・!

2017年11月20日

初めて聞く「足育」(あしいく)!意味は・・?

0歳から足育が必要だというのですがそもそも足育とはなんでしょうか?足をしっかりと育てるという意味でしょうか?

調べてみると足育とは足に対する正しい知識を得ていつまでもトラブルのない足を育てるということだそうです。

現代の子供たちはなんと約9割の子が足のトラブルを抱えているそうです!驚きですよね役9割だなんて。ということは自分の子供も足のトラブルを抱える可能性が高いです。

なぜこんなに足のトラブルがあるのかというと昔と現代の子育ての環境は大きく違います。現代はアパートやマンション住まいが多く子供が自由に遊べる範囲が狭くなったと言われています。それによりハイハイする期間が短くなったといわれています。ハイハイの重要性は足指の力を育てること。足指の力が未発達なまま歩き出すと転びやすくなったり疲れやすい、運動が苦手というトラブルが発生します。

「ありがとう」と「ごめんなさい」を言える子供に育てよう。

2017年11月14日

親の願いでもある「ありがとう」と「ごめんなさい」がちゃんと言える子供に育ってほしい!

これからの集団生活に向けて子供がしっかりとお友達や大人に向かって「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えるようになってほしい。

おしゃべりができる2歳ごろからちゃんとハッキリと言えなくても「ありがとう」や「ごめんなさい」となんとなく言っていますよね?

意味をちゃんと理解しているのかは分かりませんが私の子供も一応「ありがとう」と「ごめんなさい」を言えています。ただお友達におもちゃを貸してもらったときに何も言わないので「お友達におもちゃ貸してくれてありがとうは?」というと子供は「・・・・。」と無言なのです。言えないわけないのにこっちから促すと言わないんです。本当にあまのじゃくです。

私にはおやつをあげると「ママありがとう!」麦茶をこぼすと「ママごめんなさい・・。」と言えるのに。

お友達にも言ってほしいなぁと思います。

友だちに赤ちゃんが産まれた時の訪問で気を付けたいポイントとは?

2017年11月9日

出産祝いを持って新生児に会いに♡ただエチケットを忘れずに!

お友達や先輩や職場の人に赤ちゃんが産まれたらおうちにお邪魔して赤ちゃんを見に行く機会がありますよね?きっと出産したばかりのときは赤ちゃんのお世話に追われて寝不足だったり疲労がたまっていますが友達が遊びに来てくれたらうれしいはずです♡家族以外と話す機会があまりないので友達の訪問を待ちわびているかもしれませんね!

ただ、そんなときに気を付けておきたいポイントがいくつかあります!

あつかましい、疲れたなんて思われないようにしっかりとエチケットを頭に入れておくことが大切です。

今回は新生児訪問の際のエチケットを紹介します!

二人目が欲しいと思ったら考えておくこととは?

2017年11月8日

そろそろ二人目欲しいな・・・でも不安はたくさん!

一人目が生まれ育児も落ち着きほんの少しだけ余裕が出てくるようになったら二人目のことを考えますよね?上の子をお兄ちゃんやお姉ちゃんにしてあげたいと思いますし妹や弟がいたらどんな感じなのかな~とも思いますよね。家族が増えるということはとても幸せなことで楽しみなことでもありますね。

考えただけで楽しみだしワクワクします♡しかしそれと同時に不安もおそってきます。一人でも大変なのに二人目を生んで育てられるのか・・・仕事をしようと思っていたけど二人目が産まれたらまた先延ばしになってしまうなど。

今回は二人目を授かる前に考えておきたいことをまとめてみましたよ。