扇子が100円ショップで買える!?スーツ姿に扇子を使うお洒落さん


扇子

いまや夏の必須アイテムの定番となった扇子。うちわと違いかさばらないことが人気の理由ですが、人気の理由はそれだけではないようです。

今回は「扇子が100円ショップで買える!?スーツ姿に扇子を使うお洒落さん」という方にインタビューしました。

最初にざっくり説明すると…。

  • 暑がりのかたにおすすめ
  • 100円ショップのビニール製の扇子は
  • 夏に大活躍!

暑がりの私は外ではウチワか扇子が必要…

100円ショップのグッズは、ちょっとした物であれば、とても便利が良くて使い勝手がいいと思います。
100円という安さなので、消耗品感覚、使い捨て感覚でもお得感があって、損な気持ちにはならないでしょう。

今までの中で、買って使ってよかったなと思うのは扇子です。暑がりの私にとっては、部屋では扇風機、クーラーは必需品です。外ではウチワか扇子が必要なんです。

かさばらない扇子!さらにビニール製だとしっかり空気を捉える!

しかし、ウチワだとかさばることもあり、自然と扇子が欲しくなってきます。
数年前から使っている扇子も100円ショップで購入するものばかりなのですが、普通の扇子と違う点は、材質がビニール製なのです。
これは、紙質と違い比較的に上質で、水に濡れても破けてきしまうことがありません。

「海水浴でもプールでもいいと使える扇子」というのがセールスポイトのようなのですが、私の場合、通勤中や営業中に外回りをしている時に使うことが多いのです。その時にいいと思うのは、雨に強いことです。

ビニール製のセンスは雨に濡れても大丈夫

普段は常に使ってるバッグに締まっているのですが、雨が降った時に、バッグが濡れてしまうと、雨水が多少なりともバッグの中に染みこんでしまうことがあります。
その時に紙質の扇子だと、どうしても破れるか、もろくなっているのです。

その点、ビニール製の扇子だと全くなく気にする必要がありません。
それがこの扇子の良い点なのです。
しかも、ビニール製だと、しっかり空気を捉えて、ちょっと仰ぐだけでよく風が来るからいいのです。
この扇子を一度、使うと普通の扇子では物足りなくなってきます。

ワンシーズンに2,3本持っておくと安心

但し、骨組みはプラスチック製で、この部分が弱くなり、折れることがあるので、ワンシーズンについて2、3本はスペアとして、持つようにしています。
昔は紙質の扇子を使っていたのですが、もう この手のダイプを使い始めると手放すことができなくなりますね。かなりのすぐれものです!

職場でも私が扇子を使い真似し始める人も!

子供も使っていますが、職場でも私が使っている所をみて、真似し始めた人も多いんですよ♪

「確かに風がよく来るなぁ。」

という人がほとんどですね。
但し、難点をあえて挙げるなら、デザイン性です。初めの頃は、プールサイドをイメージしたのか、カラフルなものでブルー、ピンクと言った水玉模様のイラストデザインがプリントされているものしか販売されていませんでした。

それを広げてスーツ姿の私達が使うこと気は、少し抵抗がありましたが、今では全く意識せず使えるようになりました。
それだけいい扇子だと思っています。

こんな記事も読まれています

最新記事一覧
0歳~2歳の子供向けゲームコンテンツ(すべて無料)